MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

実写版『僕は友達が少ない』巨乳のお嬢様・柏崎星奈役キャスト決定

“友達作り”の部活!?
個性キャラ達が繰り広げる不器用だけど 真っ直ぐな青春エンターテインメント!
累計発行部数555万部の大人気ライトノベルを原案とした『僕は友達が少ない』実写映画化!
市議会議員の一人娘、巨乳のお嬢様:柏崎星奈役に大谷澪が決定

haganai-mv2.jpg
柏崎星奈役/大谷澪


平坂読著「僕は友達が少ない」(MF文庫J/メディアファクトリー刊)を原案とする実写映画が、東映配給、瀬戸康史×北乃きいで2014年新春ロードショー決定となりました!
“友達作り”の部活動を描くという斬新な設定と、強烈なキャラクターたちが読者の心をつかみ、2009年の第1巻発売以降、常にライトノベル界を牽引し続けている大ヒット作品『僕は友達が少ない』。
本作に出てくる、市議会議員の一人娘で、頭脳明晰、スポーツ万能、容姿端麗で性格以外にパーフェクトな巨乳のお嬢様として、人気を誇る柏崎星奈役に、大谷澪が決まりました。
・柏崎星奈(あだ名:肉)
聖クロニカ学園2年3組、市議会議員の一人娘。頭脳明晰・スポーツ万能・容姿端麗と性格以外はパーフェクトな巨乳のお嬢様。男子にいつも囲まれモテているものの下僕扱い。その為、同性から疎まれており友達がいない。
・大谷澪コメント
元々、 はがないのファンだった私に オーディションの話が来たのは、撮影の直前でした。
「オーディションあるから」と渡された紙に書かれたタイトルを見て、大興奮したのを覚えています。柏崎星奈という女の子は、アニメが好きな私にとっても好きな女性キャラの一位、二位を争うほどのキャラクターでその役を私が演じられるかもしれないということに運命を感じました。星奈は私にしかできない!と決まったと聞いたときは本当に嬉しかったんです。
現場に続々と揃っていく隣人部員たち。それを演じるキャストの皆さんとスタッフの方々で、徐々にひとつになっていく、その感覚が『僕は友達が少ない』の世界観そのもので、この世界の一部になれたことに改めて感動しました。きっとファンの方にも納得してもらえる作品になっていると思います。私もそのファンの一人ですから。
●『僕は友達が少ない』
なぜだか俺には…友達がいなかった。
現在シリーズ累計発行部数555万部を突破中の超人気ライトノベル「僕は友達が少ない」(平坂読 著)=通称「はがない」。協調性ゼロで限りなく“残念”。だがその突き抜けたキャラクターが多くの若者達の心をつかみ、2009年の第1巻発行以来、ラノベ界のトップを走り続けるモンスターコンテンツが満を持しての映画化へ!!
極度の人見知りと目つきの悪さから友達が1人もできない転校生と“エア友達”と会話をする残念な美少女。2人が、友達を作るための部活=「隣人部」を立ち上げることから始まる物語。原案となる小説へのリスペクトは十二分に感じさせつつ、映画ではオリジナルストーリーに挑戦する。
瀬戸康史、北乃きいという2人の若手実力派を筆頭に、オーディションで選ばれたフレッシュな俳優陣が体当たりで強烈なキャラを熱演。残念なりに懸命に前に進もうとする10代特有のまぶしく豊かな感情、激しい叫びがスクリーンにリアルに息づくのも実写ならではだ。俊英・及川拓郎(『シャッフル』(2011)、『監禁探偵』(2013))が監督・脚本を手がけ、この異色青春ムービーに懐かしい“甘酸っぱさ”を添える。
顔さえ知らなくても“友達”と言えてしまう時代。本当の友達って何だろう?
そんなまっすぐ過ぎるメッセージが、いま放たれる!
「残念」でも「真っ直ぐ」な、青春エンターテインメントムービー!!
瀬戸康史 北乃きい
大谷 澪 高月彩良 神定まお 久保田紗友 山田萌々香
栗原 類 渡辺 大 石原良純
原案:平坂読「僕は友達が少ない」(MF文庫J/メディアファクトリー刊)
監督・脚本:及川拓郎
配給:東映
『僕は友達が少ない』
2014年新春 全国ロードショー
(C)2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会
→『僕は友達が少ない』の記事を探す