MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』日本オリジナル予告編解禁!

“永遠のセックスシンボル”マリリン・モンロー 謎の死を遂げた彼女の真実とは。
『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』
日本オリジナル予告編解禁!
死後50年たって初公開された、マリリン・モンロー自筆の文書を基にしたドキュメンタリー映画『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』が、10月5日(土)より新宿ピカデリーほかにて公開することが決定し、今回、日本オリジナルの予告編が解禁となりました。

marilyn-hitomi.jpg


●世紀の女優マリリン・モンローはハリウッドと自分自身で作り上げた”虚像”だった
秘蔵映像と、没後50年で初公開された自筆の文書から、ただ真摯に生きた一人の女性像が浮かび上がる。
プライベートな部分をごく身近な人にしか見せないことで表向きのパーソナリティを作りだしたマリリン・モンロー。『ナイアガラ』(1953年)、『紳士は金髪が好き』(1953年)、『七年目の浮気』(1955年)、『お熱いのがお好き』(1959年)など数々ヒット作に出演し、世界中でその人気を不動のものとしたが、1962年に36歳の若さで突然この世を去る。死後50年経った今も彼女と彼女の出演作は私たちの中で輝き続けているが、その存在や真実は謎に包まれたままだ。

marilyn-hitomi2.jpg

本作は、秘蔵映像と初公開された自筆のメモや日記、私的な文書を基に彼女の生い立ちから最期までを丁寧にたどってゆく。そして、ユマ・サーマン、リンジー・ローハン、グレン・クローズ、マリサ・トメイら年齢も立場も違う現役女優達が、彼女の残した言葉を朗読、ときにはマリリン・モンロー自身となり、彼女の声を、真実の姿をよみがえらせていく。
そして今回解禁された、日本オリジナルの予告編からも、マリリン・モンローの代表作の映像や秘蔵映像とともに、名女優グレン・クローズ、ユマ・サーマンが語る彼女の残した言葉から、最期まで公には見せなかった演じることへの情熱と野心、自分探し、権力への恐れなどが垣間見られる。
ともすれば今までのマリリン・モンローを疑うような“生身”の女性としての彼女の姿、我々の知らなかった真のマリリンがそこにある。

●マリリン・モンロー
生年月日:1926/06/01
没年:1962/08/05
本名:Norma Jean Baker
私生児として生まれ、母親が精神病院への入退院を繰り返していた為、里親や孤児院を転々とする子供時代を過ごす。16歳の時に工員(ジム・ドアティ)と結婚するが離婚。男性雑誌のモデルなどをして生計を立て、1946年にFOXと契約を結び“Dangerous Years”の端役で映画デビュー。
1952年に『ノックは無用』で初主演して注目されるようになり、『ナイアガラ』、『紳士は金髪が好き』などで人気を不動の物とする。
故ケネディ大統領などとのスキャンダルもあるが、結婚は3回。工員と、野球選手のジョー・ディマジオ、劇作家のアーサー・ミラーだが、全て離婚に終わる。
ディマジオとよりを戻しつつあった1962年8月5日、ブレントウッドの自宅で睡眠薬の多量摂取により死亡しているのが発見される。享年36歳。自殺説などの噂も流れるが原因はいまだ不明。

marilyn-hitomi3.jpg

監督:リズ・ガルバス
出演:マリリン・モンロー
ユマ・サーマン/グレン・クローズ/マリサ・トメイ/リンジー・ローハン/エイドリアン・ブロディ/エレン・バースティン/ベン・フォスター/ポール・ジアマッティ/エヴァン・レイチェル・ウッド /F・マーレイ・エイブラハム/エリザベス・バンクス/ホープ・デイヴィス/ヴィオラ・デイヴィス/ジェニファー・イーリー/ジャック・ヒューストン/スティーヴン・ラング/ジャネット・マクティア/ジェレミー・ピヴェン/オリヴァー・プラット/デヴィッド・ストラザーン/リリ・テイラー
2013/アメリカ・フランス/英語/ビスタ/5.1ch/108分/翻訳:伊原奈津子/原題:LOVE,MARILYN
配給:ショウゲート
『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』
10月5日(土)、新宿ピカデリーほかにて公開!
(C)2012 Diamond Girl Production LLC. All Rights Reserved.
→『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』の記事を探す