MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

マイケル・ダグラスがマット・デイモンを愛人に『恋するリベラーチェ』

スティーヴン・ソダーバーグ監督最新作
『恋するリベラーチェ』邦題&公開決定!
アカデミー賞受賞監督スティーヴン・ソダーバーグ最新作『Behind the Candelabra』の邦題が『恋するリベラーチェ』となり、11月1日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーの運びとなりました。

koisuruliberace.jpg


本作品は、1950~70年代に“世界で最も稼ぐエンターテイナー”、“世界が恋したピアニスト”と言われたリベラーチェという実在の人物の晩年を描き、当時決して明かされることのなかった彼の私生活と、生前に必死に隠そうとした同性愛者であるという事実に基づいて製作されました。
後に彼の愛人となり運転手を務めることとなる1977年のスコット・ソーソンとの出会いから、1987年のリベラーチェの死の床での告白までの、お互いが認め合い、懸命に必要としていたほろ苦い関係に苦悩する姿を、名匠ソダーバーグ監督が見事に描き出しています。
主演には、『ウォール街』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞を受賞したマイケル・ダグラス、『グッド・ウィル・ハンティング』でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞を受賞したマット・デイモンを迎え、その他にデビー・レイノルズやロブ・ロウなどが脇を固めます。
『サイド・エフェクト』を経て、本作を撮り終えた後、長期休暇に入ると宣言したソダーバーグ監督最新作であり、本年5月に開催された「第66回 カンヌ国際映画祭」では、コンペティション部門でプレミア上映され、スタンディング・オベーションは鳴りやまなかったという作品です。
イギリスやフランスなど世界各国で劇場公開されました。また、本年7月18日に発表された「第65回エミー賞」のノミネート発表では、「作品賞」、「主演男優賞(マイケル・ダグラス/マット・デイモン)」、「監督賞」、「脚本賞」ほか合計14部門で15ノミネートされています。
●ストーリー
エルヴィス・プレスリーやエルトン・ジョン、マドンナやレディー・ガガの登場よりも前、リベラーチェという男がいた。彼は名ピアニストであり、天賦の才能を持つ斬新奇抜なエンターテイナー、そして舞台やTVでは派手な衣装に身を包むスターだった。
1977年夏、そんな彼の元を見知らぬハンサムな青年スコット・ソーソンが訪れる。年齢も住む世界も異なる2人は、たちまちお互いの魅力に取りつかれ、5年間に及ぶ秘められた恋愛関係がスタート。
リベラーチェにとってスコットは心の支えであり、逆にスコットにとっては、自分を夢のような生活をさせてくれるだけでなく、生まれてからずっと求めていた親代わりでもあった。
リベラーチェはスコットを整形外科とダイエット食品をつかって、彼自身の若くセクシャル的に理想な姿に変えてしまう。ずっと続くかと思っていた二人の関係であったが、薬物への依存や、マンネリした日々にお互いが苛立ちはじめて……。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ
製作:ジェリー・ワイントローブ
製作総指揮:グレゴリー・ジェイコブズ、スーザン・イーキンス、マイケル・ポレール
編集:メアリー・アン・バーナード
撮影:ピーター・アンドリュース
美術:ハワード・カミングス
衣装:エレン・マイロニック
音楽:マーヴィン・ハムリッシュ
出演:マイケル・ダグラス、マット・デイモン、ダン・エイクロイド、スコット・バクラ、ロブ・ロウ、トム・パパ、ポール・ライザー、デビー・レイノルズ
2013年/アメリカ/英語/118分/カラー/ハイビジョン/ドルビーデジタル/原題:Behind the Candelabra
配給:東北新社
特別協賛:スター・チャンネル
宣伝協力:ポイント・セット
宣伝:フリーマン・オフィス
『恋するリベラーチェ』
11月1日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
(C)2013 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved
→『恋するリベラーチェ』の記事を探す
→ソダーバーグの記事を探す
→マイケル・ダグラスの記事を探す
→マット・デイモンの記事を探す