MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

“ピカチュウ・ザ・ムービー”シリーズ累計興収700億円突破!

テレビ東京で放送中の人気アニメ『ポケットモンスター』の劇場版シリーズ(“ピカチュウ・ザ・ムービー”シリーズ)16作品の累計興行収入が、700億円を突破しました(8月6日(火)公開25日目で達成 ※東宝調べ)。

pokemon2013-1.jpg


1998年に公開された『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』からスタートした“ピカチュウ・ザ・ムービー”は毎年300万人以上を動員し、日本中を勇気と感動で包み込む、夏休み映画の大定番シリーズとなっています。
7月13日(土)に公開されたシリーズ16作目『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』同時上映『ピカチュウとイーブイ☆フレンズ』は、公開25日間で190万人を動員、興収19.7億円を突破。最終興収は前作に引き続き30億円以上を見込むなど、大ヒットを続けています。
そして、この『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』同時上映『ピカチュウとイーブイ☆フレンズ』の大ヒットにより、“ピカチュウ・ザ・ムービー”累計興行収入が700億円を突破し、テレビ東京の出資映画のシリーズ興行成績の記録をさらに更新しました(過去15作品累計680.3億円+最新作19.7億円/累計動員数は約6,611万人突破)。
700億円突破を記念して、“ピカチュウ・ザ・ムービー”常連のお二人にコメントをいただきました!
●山寺宏一さんコメント(※シリーズ16作品すべて出演)
またまたスゴい記録を打ち立てたのですね!
おめでとうございます!
それだけたくさんの方々が劇場に足を運んで下さったという事で、 毎回出演させて頂いている僕も本当に嬉しく思います。
ポケモンに関わるたくさんの方々の、たゆまぬ努力と熱い思いに拍手!
●中川翔子さんコメント(※シリーズ7作品出演)
性別・世代・次元を越えて、たくさんの子どもたちと大人たちに、いつも新しい夢と笑顔を与えてくれるポケモン映画!
この偉大なる数字に感動しています。
ポケモン映画は、みんなの心を繋いでくれる、素晴らしい日本の文化であると思います。
ポケモン映画がある今の地球に生まれて、そして声優として関われて、本当に嬉しく思います。
これからも過去と未来を繋ぐ素晴らしいポケモン映画が、永遠に続いていくことを楽しみにしています!
私も、末代まで、我が子孫たちと、ポケモン映画をずっと楽しんでいきたいです。

pokemon2013-8.jpg

●“ピカチュウ・ザ・ムービー”過去15作品の興行成績
総動員:約6421万人
総興収:680.3億円(平均興収45億円)
(タイトル、公開年、動員、興収)
1:『ミュウツーの逆襲』 1998年 654万人 72.4億円
2:『幻のポケモン ルギア爆誕』 1999年 560万人 62.0億円
3:『結晶塔の帝王 エンテイ』 2000年 450万人 48.5億円
4:『セレビィ 時を超えた遭遇』 2001年 360万人 39.0億円
5:『水の都の護神 ラティアスとラティオス』 2002年 250万人 26.7億円
6:『七夜の願い星 ジラーチ』 2003年 430万人 45.0億円
7:『裂空の訪問者 デオキシス』 2004年 420万人 43.8億円
8:『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』 2005年 410万人 43.0億円
9:『ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』 2006年 321万人 34.0億円
10:『ディアルガVSパルキアVSダークライ』 2007年 480万人 50.2億円
11:『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』 2008年 466万人 48.0億円
12:『アルセウス 超克の時空へ』 2009年 454万人 46.7億円
13:『幻影の覇者 ゾロアーク』 2010年 400万人 41.6億円
14:『ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム』 2011年 419万人 43.3億円
15:『キュレムVS聖剣士 ケルディオ』 2012年 347万人 36.1億円
『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒』
同時上映『ピカチュウとイーブイ☆フレンズ』

大ヒット公開中
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon
(C)2013 ピカチュウプロジェクト
→『ポケットモンスター』の記事を探す
→アニメニュースはこちら