MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

永作博美主演『四十九日のレシピ』モントリオール世界映画祭出品決定!

永作博美 主演最新作『四十九日のレシピ』
モントリオール世界映画祭 Focus on World Cinema部門出品決定!!
11月9日より全国公開されます、永作博美主演映画『四十九日のレシピ』が、来月開催される、モントリオール世界映画祭(2013年8月22日~9月2日)にて、Focus on World Cinema部門に正式出品されることが決定しました!

sijukunichinorecipi1.jpg


モントリオール世界映画祭はカナダ最古の国際映画祭の一つ。2008年には滝田洋二郎監督の『おくりびと』がグランプリを受賞したことでも話題を呼びました。
本作『四十九日のレシピ』は、突然亡くなった母を送り出すために、残された父と娘が“四十九日の法要”ならぬ“四十九日の大宴会”を開こうと決意し、この49日間に自らの人生とも向き合っていく感動のドラマとなります。
本作が出品されるFocus on World Cinema部門は、世界の注目すべき映画に焦点を絞った部門。本作で描かれている、日本古来からの故人を弔う慣習であり、残された遺族が亡くなった人の死と落ち着いて向き合うための期間でもある“四十九日”という文化を、海外の方々がどの様に受けとめるのかにも、注目が集まります。
主演を務める永作博美は近年、ほぼ毎作品で国内外の様々な映画賞を受賞。
2011年に公開された『八日目の蝉』では、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞の他、数々の日本の映画賞を総なめにした永作が、本作で演じる現代ならではの女性の生き方が、海を渡り披露されることにも期待が高まります。
監督は『百万円と苦虫女』で日本映画監督協会新人賞を受賞、最新作『ふがいない僕は空を見た』はトロント国際映画祭(2012年)に正式出品されたタナダユキ。本作『四十九日のレシピ』で、昨年に続き2年連続の海外映画祭出品となり、世界でも実力が注目を浴び続けております。
今回、映画祭出品に関して監督は「会えない人を思いながらも、何とか前に進もうとする人々を繊細に演じてくれた俳優陣の演技が国際映画祭でお披露目されることを嬉しく思います」と、喜びのコメントを寄せております。
『四十九日のレシピ』は、亡くなった母の「幸せに生きるためのレシピ」を通じて、残された家族が心の傷を抱えながらも自身の人生について考え、再生に向かっていく姿を温かく描く感動作です。

sijukunichinorecipi2.jpg

出演:永作博美、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、原田泰造、淡路恵子 ほか
原作:伊吹有喜(ポプラ社刊)
監督:タナダユキ
脚本:黒沢久子
配給:ギャガ
『四十九日のレシピ』
11月9日(土)新宿バルト9・有楽町スバル座 他 全国ロードショー
(C)2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会
→『四十九日のレシピ』の記事を探す