MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

新スーパーマン、始動。 『マン・オブ・スティール』場面写解禁

どれだけ速いんだ
どれだけ凄いんだ
どれだけ熱いんだ
10年先の映画を、見たくはないか。
『マン・オブ・スティール』
全世界の映画史を変える、夢のエンターテイメント超大作が、ハリウッドから飛来した!
すべてのヒーローの原点であるスーパーマン、その誕生までを描いた物語だ。どのような運命のもとに生まれた命が、どんな少年時代を送り、どうやってスーパーマンになっていくのか──?

manofsteel3.jpg


誰もが知るヒーローの誰も知らない物語が、ついに明かされる!
この画期的な新プロジェクトの製作を任されたのは、『ダークナイト』3部作でバットマンを生まれ変わらせ、数々の伝説を打ち立てたクリストファー・ノーラン。ベースとなるストーリーもノーランが担当、過去の作品を見ていなくても存分に楽しめる、全く新しいシリーズを始動させた。
ノーランが監督に指名したのは、『300<スリーハンドレッド>』で観客を未知なる映像世界へと拉致したザック・スナイダー。映画における不可能をすべて可能に変えてきた二人の天才が手を組み、オープニングからエンディングまで、誰も見たことのない神がかりの映像を生み出した!

manofsteel4.jpg

クラーク・ケントに大抜擢されたのは、英国人俳優ヘンリー・カビル。生まれながらのヒーローではなく、特別な力を持つゆえの孤独に傷つき悩みながらマン・オブ・スティール<鋼の男>に成長していく人間味あふれるクラークを、繊細かつ情熱的に演じ切った。
初めはクラークの存在をスクープしようと追いかけるが、彼の心の葛藤を知って支えとなる記者ロイス・レインには、4度アカデミー賞にノミネートされたエイミー・アダムス。ありったけの愛でクラークを守ろうとする育ての親のケント夫妻には、アカデミー賞受賞のケビン・コスナーと同賞ノミネートのダイアン・レイン。
息子に最後の希望を託した実の父ジョー=エルには、同賞受賞のラッセル・クロウ。注目の新進俳優とハリウッドが誇る演技派スターたちがぶつかり合い、心を揺さぶる熱い人間ドラマを創り上げた。
だが、なんと言っても度肝を抜くのは、世界最速と断言できる超高速のアクション・シーンの数々。オゾン層を飛び越し、高層ビルを突き破り、巨大都市を破壊し、地球の裏側へ飛んで行く──これらすべてを瞬時に変わるシーンで畳みかける恐るべきハイパー・スピード映像を、かつて観たことがあっただろうか!?

manofsteel5.jpg

この夏、未来に作られるアクション・エンターテイメントすべての目標となる、全人類未踏のスーパー・スペクタクルがやって来る──!
●ストーリー
宇宙の中心に君臨してきた、惑星クリプトン。高度な文明を誇るこの星が、皮肉にもその文明を維持するための乱開発で爆発を目前にしていた。指導者の一人であるジョー=エル(ラッセル・クロウ)は、生まれたばかりの息子カルを小さな宇宙船に乗せ、地球へと送り出す。その直後、ジョーはクーデターを起こしたゾッド将軍(マイケル・シャノン)に殺され、まもなくクリプトンも最後を迎える。

manofsteel6.jpg

それから30年後、地球のあちこちで、“奇跡”が目撃されていた。ある男が超人的な力で人命を救助しては、姿を消していたのだ。男の名はクラーク・ケント(ヘンリー・カビル)、彼こそが成長したカルだった。
あの日、地球に辿り着いたカルは、ジョナサン(ケビン・コスナー)とマーサ(ダイアン・レイン)のケント夫妻に発見され、自分たちの息子として大切に育てられる。やがて少年に成長したクラークは、驚異的な力を見せ始める。
両親と力を封印することを約束したクラークは、異質な匂いを感じた同級生たちにいじめられても、じっと耐えていた。だが、ある日、河に落ちたスクールバスを見殺しにできず、たった一人で救出してしまう。周りからモンスターを見るような眼で恐れられ、深く傷つくクラーク。そんな息子にジョナサンは隠していた宇宙船を見せて真実を打ち明け、「お前には使命があるはずだ」と温かく励ますのだった。

manofsteel7.jpg

青年になったクラークに、人生を変える悲しい事件が襲いかかる。ハリケーンから家族を守ろうとしたジョナサンが、秘密の力を発揮しようとするクラークを止めて、死んでしまったのだ。養父の言葉に従って自らの使命を探す旅に出たクラークは、父を救えなかった代わりに行く先々で人々を助ける。
ある日クラークは、氷河に謎の物体が埋まっているというニュースを聞いて、カナダへ向かう。特ダネを狙う「デイリー・プラネット」の記者ロイス・レイン(エイミー・アダムス)は取材中に重傷を負ってクラークに助けられ、謎の物体と共に消えた彼を追いかける。

manofsteel8.jpg

謎の物体は、かつて地球を探索したクリプトンの宇宙船だった。実の父ジョー=エルが遺した映像から、自らの正体と故郷の星の歴史を知り、「いつか地球人と理解し合えたとき、共に奇跡を起こすのだ」という父のメッセージを受け取るクラーク。
このまま身を隠して生きるのか、父の遺言に従って救世主となるのか──葛藤するクラークに、予想もしなかった敵が襲いかかる。クリプトンの生き残りであるゾッド将軍と彼が率いる反乱軍がクラークを探して襲来、地球の運命と引き換えにクラークの引き渡しを要求したのだ。

manofsteel9.jpg

果たしてゾッド将軍の真の目的は?
ついに決意を固めるクラーク。今、人類の存亡をかけた激烈な闘いが始まった──!
●ケビン・コスナー版予告編

●キャスト
ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウ
●スタッフ
脚本・製作:クリストファー・ノーラン(『インセプション』、『ダークナイト』シリーズ)
監督:ザック・スナイダー(『300<スリーハンドレッド>』)
配給:ワーナー・ブラザース映画
Facebookページ:www.facebook.com/manofsteeljp
●ラッセル・クロウ版予告編

『マン・オブ・スティール』
8月30日(金)、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー 3D/2D同時公開
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.
→『マン・オブ・スティール』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら