MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

きゃりーぱみゅぱみゅも参加『スター・トレック』劇中挿入楽曲

J.J.エイブラムス監督×中田ヤスタカ(capsule) 共同プロデュースによる『スター・トレック』挿入楽曲 iTunes限定で配信決定!!
日米トップクリエーターによる夢のコラボは“西暦2259年のクラブ”ミュージック!
パラマウント ピクチャーズが配給する夏休み映画の大本命『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の監督でハリウッドを代表する 大ヒットメーカーJ.J.エイブラムスと中田ヤスタカ(capsule)の夢のコラボレーションによる共同プロデュース曲「Into Darkness」が 7月10日(水)よりiTunes限定で配信されることが決定した。

startrek-into5.jpg


J.J.エイブラムス監督は、前作『スター・トレック』の大ヒットを受け、近頃『スター・ウォーズ』新シリーズの監督にも就任。数多くの大ヒット作を生み出している他、人気TVシリーズ「LOST」、「FRINGE/フリンジ」では作曲も担当するなど音楽の造詣が深く、本作では“西暦2259年のクラブ”シーンの音楽を作曲。そのJ.J.監督のオリジナル楽曲を、世界6ヵ国のトップアーティストが共同プロデュースすることとなった。
日本からは最先端のミュージックシーンを牽引する中田ヤスタカ(capsule)が抜擢され、J.J.エイブラムス監督の描く世界観と 中田サウンドが絶妙にマッチした、観客が未来のクラブを体験できるような臨場感あふれるシーンが完成した。
なお、同楽曲にはゲストヴォーカリストとして、全世界へ“カワイイ”カルチャーを発信するきゃりーぱみゅぱみゅが参加。映画鑑賞中に、注意深く耳を澄ますと、意味深なメッセージが聴こえてくるかもしれない。
J.J.エイブラムス監督は、既にこの楽曲を聴いており「6ヵ国のコラボレーション楽曲中、最高傑作だ」と仕上がりに大満足。現時点ではCD化の予定はない。
●iTunes限定配信情報
配信日:7月10日(水)
タイトル:Into Darkness(Digital Edit)
アーティスト名:J.J.エイブラムス、チャールズ・スコット、中田ヤスタカ(capsule)
URL:https://itunes.apple.com/jp/album/id666131122(iTunesリンク先は発売日の7月10日より有効となります。)
発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
監督:J.J.エイブラムス
脚本:デイモン・リンデロフ(『プロメテウス』(2012))、アレックス・カーツマン(『スター・トレック』(2009))、ロベルト・オーチー(『スター・トレック』(2009))
製作:J.J.エイブラムス、ブライアン・バーク(共にバッド・ロボット・プロダクションズ)、デイモン・リンデロフ、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョウ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、ピーター・ウェラー
配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズジャパン
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
8月23日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか、全国超拡大ロードショー!
(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
→『スター・トレック』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら