MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『貞子3D2』劇場専用スマホアプリで【飛び出す貞子】を超える恐怖!

世界初!スマホアプリ連動型の映画誕生!
その名も『貞子3D2』“スマ4D”!!
映画館でスマホ電源ON!

sadako3d2-1.jpg


8月30日(金)公開の映画『貞子3D2』において、【飛び出す貞子】を超える世界初にして最恐の試みが決定しました!
専用劇場でスマホアプリを使い、映画本編に連動した別次元の恐怖が体感できる、その名もスマ4D(スマフォーディー)!
事前に専用の無料スマホアプリをダウンロードし、上映前に起動することで、本編上映中にアプリが反応し、絶叫シーンでスクリーンと異なる恐怖を手元で体験していただけます。
映画館では電子機器の電源をOFFにしなければいけないという映画鑑賞の常識を覆す、前代未聞にして世界初の上映スタイルです。スマ4D上映館では、上映中はスマホの電源ONにしてお楽しみください。

sadako3d2-2.jpg

●『貞子3D2』スマ4D
スマ4D専用の無料スマートフォンアプリをダウンロードし、上映前に起動させる。スマ4D本編に反応し、上映中にアプリがさまざまな恐怖を与える。観客は本編とは違った恐怖を手元で体感できるという、世界初の試み。
音声認識アプリ(無料)
iOS、アンドロイドに対応。大手アプリストアなどで、8月上旬より配信予定。
アプリ制作:面白法人カヤック
技術提供:日本エヴィクサー株式会社
※鑑賞料金は、通常の3D鑑賞料金と同じです。
※一部機種には対応しておりません。
※フィーチャーフォンには対応しておりません。
スマ4D上映中
・劇中の電話が、自分にかかってくる
・突然バイブで震える
・突然スマホが叫ぶ
・自分のカメラのフラッシュが突然連続で光る
・本編終了直後、貞子から何かが届く ……上映外でも何かが起こる?
●『貞子3D2』

sadako3d2-3.jpg

前作『貞子3D』から5年後が舞台。世間では謎の突然死が多発していた。新種のウィルスによるものか、それとも意図的なテロなのか?
捜査が進むうち、数年前の“呪いの動画”事件が関係していることが判明する。大学院で臨床心理学を学ぶ安藤楓子、そして共に暮らす姪の二人にも謎の恐怖が近づきつつあった……。
鈴木光司の最新描き下ろし原作による“最恐のアトラクション・ホラー”第2章、ついに始動!!
瀧本美織/瀬戸康史/大沢逸美/平澤宏々路
大西武志/石原さとみ(特別出演)/山本裕典/田山涼成
原作:鈴木光司(「エス」角川ホラー文庫刊)
監督:英勉
脚本:保坂大輔 杉原憲明
音楽:川井憲次
配給:角川書店
『貞子3D2』
8月30日(金)角川シネマ新宿ほか全国ロードショー!!
(C)2013『貞子3D2』製作委員会
→『貞子3D』の記事を探す