MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

沖田VSドメル『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章初日舞台挨拶

『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章「到達!大マゼラン」初日舞台挨拶レポート
ヤマト×ガミラス両陣営の名将が登場!
6月15日(土)新宿ピカデリーにて、第六章「到達!大マゼラン」の初日舞台挨拶が行われた。第六章はヤマトクルーより、艦長・沖田十三役の菅生隆之さんとそしてガミラス側からは、エルク・ドメル役の大塚明夫さんそして出渕裕総監督が登壇。3人が登場すると、会場満員の約600人のお客様は割れんばかりの拍手で出迎えた。

yamato2199-6-6.jpg


菅生隆之さん:第六章では、男と男のぶつかり合い、引くに引けない戦国武将の東軍と西軍のような戦いになるように、大塚君と二人で話し合って作り上げました。迫力のあるガチンコ勝負になったと思っています。
(沖田は)自分にとって非常に思い入れのある、素晴らしい役です。絶対に手放したくない役ですが、敢えて他の役を演じるとするならば、ドメルという敵の将は、ぜひ演じてみたい役柄です。
六章が完成し、残すところ七章のみ、いよいよ佳境です。気合を入れて、若い共演者たちをひっぱりながら、いつまでも記憶に残る作品を作りあげたいと思います。

yamato2199-6-7.jpg

大塚明夫さん:(六章は)燃えつきました!(初代ヤマトでは)ドメルの人間的な背景まではあまり描かれていなかったのですが、2199ではそのあたりにまで踏み込んで描かれ、キャラクターとしての厚みが出て、嬉しかったです。出渕さんに感謝しています。
六章で好きなシーンは観兵式です。『兵は戦場で育つ』というセリフにぐっときてしまいました。
沖田という役柄は、すべてを受け入れ飲み込んだ上で言葉を発するので、とても難しいと思います。菅生さんぐらいの方でないと成り立たないのではと思います。ぜひ七章でヤマトが目的を達成できるのか、最後までその目で見届けていただければと思います。

yamato2199-6-8.jpg

出渕裕総監督:構想段階より、ドメル役は大塚さんにと決めており、4年程前に飲み屋で偶然会った際、事務所も通さず、ご本人に直接オファーをしてしまいました(笑)。
六章では、菅生さん演じる沖田と大塚さん演じるドメル、自分の中で理想の戦いを描けて感無量です。
ぜひ次章も楽しみにしていてください。

yamato2199-6-9.jpg

●『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章「到達!大マゼラン」
ついに大マゼラン銀河に到達したヤマト。
デスラー総統はドメル将軍に再び、ヤマト迎撃の命を下す。宇宙の難所〈七色星団〉でドメル率いる空母艦隊との死闘が始まろうとしていた!!

yamato2199-6-10.jpg

・上映情報
2013年6月15日より全国16館にて、第六章(4話/100分予定)劇場上映開始
全4話
第19話「彼らは来た」
第20話「七色の陽のもとに」
第21話「第十七収容所惑星」
第22話「向かうべき星」

yamato2199-6-11.jpg

●『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章「そして艦は行く」
2013年8月24日より全国16 館にて、第七章(4 話/100 分予定)劇場上映開始
全4話
第23話「たった一人の戦争」
第24話「遥かなる約束の地」
第25話「終わりなき戦い」
第26話(最終話)「青い星の記憶」

yamato2199-7-1.jpg

→『宇宙戦艦ヤマト2199』Blu-ray&DVDを購入する
『宇宙戦艦ヤマト2199』公式サイト:http://yamato2199.net/
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
→『宇宙戦艦ヤマト』特設ページ
→『宇宙戦艦ヤマト』の記事を探す
→アニメニュースはこちら