MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ハル』立命館大学 映像学部生によるロケ地マップを制作

映像学部生による企業連携プロジェクト
京都を舞台にしたアニメーション映画『ハル』のロケ地マップを制作
立命館大学映像学部が開講する「企業連携プログラム」(※)を受講する学生たちが、アニメスタジオWIT STUDIO制作、松竹株式会社配給の京都を舞台にしたアニメーション映画『ハル』のロケ地マップを制作しました。

hal1.jpg


本映画は、近未来の京都を舞台に、ロボットと人が心通わす奇跡を描いたラブストーリーです。今回の「企業連携プログラム」では、本作品のプロモーションが授業の課題として与えられ、学生たちは映画とその舞台である京都の魅力を伝えるために、ロケ地マップを制作することを提案しました。
制作にあたっては、西陣や、叡山電鉄(貴船口)、鴨川、錦市場、錦天満宮、八坂神社など、作品中に登場人物たちが訪れる場所や店(ロケ地)の取材を独自に行いました。マップは京都市に協力を依頼し、京都国際マンガミュージアムや市営地下鉄の駅などで、同作品公開にあわせて配布が予定されています。また、映画『ハル』の公式ホームページから閲覧することも可能です。
マップは、映画の登場人物の目線で京都の観光を楽しめる内容に仕上げられており、映画を見た人、これから見ようと思っている人に、マップを通して、さらに作品のよさや京都の魅力を体感してもらうことを目的としています。

hal14.jpg

Twitter:@halanime
(C)2013 ハル製作委員会
『ハル』
6月8日(土)ロードショー!!
→『ハル』の記事を探す
→アニメニュースはこちら