MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『そして父になる』カンヌ国際映画祭審査員賞受賞! コメント到着

第66回カンヌ国際映画祭におきまして、現地時間26日(日)夜(日本時間:27日未明)に授賞式が行われ、コンペティション部門正式出品作『そして父になる』が審査員賞を受賞しました。
同賞は、1987年の第40回カンヌ国際映画祭にて三國連太郎監督作品「親鸞白い道」が受賞して以来26年振り、カンヌのコンペにて日本映画が受賞するのは河瀬直美監督の『殯の森』以来6年振りとなります。
本作は“6年間育てた息子は取り違えられた他人の子だった。”という状況の中で、家族とは何かを問う切なくも愛おしい感動のドラマ。


18日に行われた正式上映でもスタンディングオベーションが鳴りやまないなど高い評価を受けていましたが、日本時間27日未明に行われた授賞式にて、今回の審査員団のスティーブン・スピルバーグ監督をはじめ、ニコール・キッドマン、クリストフ・ヴァルツ、アン・リー監督、さらには、日本の河瀬直美監督らが選ぶ審査員賞に発表され、是枝監督が壇上で「ここにまた立つチャンスをくれた映画祭と審査員のみなさんに感謝します。一足先に帰った福山さんはじめキャストのみなさん、こられなかったスタッフのみんなとこの賞を分かち合いたいと思います。また非常に個人的な話しですが、今回の父と子供の話を描くにあたり感謝をのべます。僕を子供にしてくれたもう亡くなった父親と母親、そして僕を父親にしてくれた妻と娘に感謝します」とスピーチ。
●審査員賞の受賞を受けた各キャストのコメント
福山雅治さん:カンヌから帰国後、連日ガリレオ撮影が続いてまして、コメント作成中に寝落ちしてました。
スミマセン!
是枝さん、本当に本当におめでとうございます!
そしていま改めて、カンヌに連れていっていただけた喜びを実感しています。
あの10分を越えるスタンディングオベーションの中で感じた『届いた!』という手応えが、審査員賞という形で監督の元に届けられたことを心から嬉しく思います。
是枝監督が日本に戻られたらみんなでお祝いしたいです!
この作品に携わった全ての方々、そしてなにより是枝監督、本当におめでとうございます!
尾野真千子さん:是枝監督、関係者の皆様、この度は審査員賞受賞、誠におめでとうございます。
この作品に出演できた事を改めて嬉しく思います。
また、海外の方々と映画を通して繋がりあえた事がほんとうに嬉しいです。
真木よう子さん:審査員賞の受賞、誠におめでとうございます。
是枝監督の作品で、初めてカンヌ国際映画祭へ行けただけでも幸せでした。
更に審査員賞を頂いたという報告を受け、言葉にならず、胸がいっぱいです。
紛れもなく、自分もこの作品を作り上げた一員として、世界に評価された事を素直に嬉しく思っております。
監督をはじめ、スタッフ、キャストの皆様には感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。
改めて、心から。おめでとうございます。
リリー・フランキーさん:是枝監督の真摯な想いが描かれたこの作品が評価されたことを大変うれしく思います。
そして、そこに参加できましたことを、とても、誇りに感じます。
監督、おめでとうございます。
二宮慶多くん:審査員賞受賞、おめでとうございます。ぼくも、楽しくお仕事ができて、とてもいい思い出になりました。ありがとうございました。
黄升火玄(ファンショウゲン)くん:是枝監督、僕を選んでくれてありがとうございました。
福山さんたちと一緒にフランスにも連れていってもらい、 目も開けられないくらいたくさんのカメラにビックリしたけどみんなと一緒だったからとても頑張れました。
●ストーリー
6年間育てた息子は、他人の子でした――。
学歴、仕事、家庭。自分の能力で全てを手にいれ、自分は人生の勝ち組だと信じて疑っていなかった良多。
ある日病院からの連絡で、6年間育てた息子は病院内で取り違えられた他人の夫婦の子供だったことが判明する。
血か、愛した時間か―突き付けられる究極の選択を迫られる二つの家族。
今この時代に、愛、絆、家族とは何かを問う、感動のドラマ。
監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升火玄、風吹ジュン、國村準、樹木希林、夏八木勲
配給:ギャガ
『そして父になる』
10月5日(土) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
(C) 2013『そして父になる』製作委員会
→『そして父になる』の記事を探す