MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

是枝裕和監督、福山雅治『そして父になる』カンヌレッドカーペット

第66回カンヌ国際映画祭
福山雅治主演×是枝裕和監督最新作『そして父になる』世界へ!
10分間のスタンディングオベーション!!
この度、第66回カンヌ国際映画祭におきまして、ギャガ株式会社配給作品『そして父になる』のコンペティション部門に出品にあたり、5月18日(土)22:00~(現地時間)に、今作のレッドカーペット+公式上映が実施されました。


●『そして父になる』第66回カンヌ国際映画祭 正式上映(レッドカーペット)
5月18日(土)22:00上映開始~
参加者:是枝裕和監督、福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄 升げん
※カンヌ国際映画祭は5月15日~26日に開催され、最高賞パルムドールの発表は26日の18時半頃(現地時間)となります。
~レッドカーペットから公式上映終了後までの様子~
・レッドカーペット
記者会見に続き、雨がふりしきる中、大きなレッドカーペットがしかれたメイン会場に登場した監督、キャスト。
男性陣は子役の2人も含め黒のタキシードでビシッとキメ、女性陣は、尾野さんが淡いピンクの シフォンロングドレス、真木さんは現在役作り中という金髪にもよく映える光沢のある紫色の ドレスで華やかさを演出。
レッドカーペットの上では、皆で手をつないで横一列になって歩くなど、この映画の雰囲気をそのままにメイン会場へと進んだ。
・公式上映終了後
上映が終わるや否や、各所から盛大な拍手があがり、会場内は約10分にも渡りスタンディングオベーションが続いた。感動と称賛の嵐に包まれた。監督や福山をはじめとする キャストたちもそれを受け涙する場面も見られました!
●福山雅治
大変感動し、泣いてしまいました。再び大画面で見た作品そのものに対しての感動に加え、スタンディングオベーションがすごくて。自分というよりは「是枝さんおめでとう!」という気持ちがこみあげてきてしまい、男泣きでした! 普段は芝居以外であまり泣かないけれど、今回は監督に降り注ぐあのスタンディングオベーションにうれしくて泣いてしまった。亡くなられた夏八木さんも観ていてくれたのかなと思うような届き方だった。
今日のレッドカーペットも映画の撮影時も、子供たちに助けられた気がします。
海外の方たちとこうして一緒に作品をみると、笑いがおきていて意外なところがあった。
さらに、伏線に対しての反応など、作品を観る力の高い観客の方々に来ていただいているんだなと感じ、観ている間にさらに緊張が高まっていってしまいました(笑)
僕も何かいやなことがあったら「あの時はよかったね」とこの日のことをリリーさんと語りたいです(笑)
●尾野真千子
こんな感動は初めてでした。すごいスタンディングオベーションを見て日本の文化や気持ちなどが海外の方にも伝わるんだと知ってさらに感動しました。
レッドカーペットはカンヌで輝ける場所だと思う。今まで頑張った自分へのご褒美。
心までピンク色いなりました!
審査員の河瀬監督とは今回の作品について何もやりとりしたりしていないけれど、是非成長したというところを観てほしいです。
●真木よう子
スタンディングオベーションを受けて、じわじわと感動を実感。
改めてみんなでひとつの作品を作れたことをうれしく思う。
レッドカーペットは憧れもあるけれど、緊張しちゃう場所。
でも、子供たちがいてくれた ことで、みんなで手をつないで温かい気持ちで歩けてうれしかった。
●リリー・フランキー
1人の映画ファンとしてこの作品はすごくいいなぁと感じている。
他の人もそう思ってくれるかなと思いながら今日の会場でみたけれど、ああいう風に沢山の方と思いを共感できて、監督の背中をみて、自分も 少しは協力できたのかなと感じ、うれしく思った。監督の涙を見てしまい、号泣しそうになってしまった(笑)
この話は、福山くんと飲むと一生することになると思う(笑)
いやなことがあったら、この日の映像とかをみながら、あの時は良かった、輝いていたねって(笑)
レッドカーペットはジョージ・クルーニー風にしようかとか色々とシュミレーションしていたけれど・・・今回は子供たちがいてくれたおかげで照れくさくなく歩けて本当に良かった。映画の現場も彼らのおかげで8時終わりだったし。
マイケル・ジャクソン風の靴と白い靴下だけ・・・ちょっと失敗だったかなぁ(笑)
●是枝裕和監督
こんなに温かい拍手でつつまれて本当にうれしかった。
さらにそれをみんなで共有できたことが素晴らしいことだと思う。
映画の現場と同じ雰囲気でキャストやスタッフとここに参加できて、すごく心地良かった。
つらいことがあった時は、ぜひリリーさんと福山さんが「あの時は良かった」と語り合う場に僕も参加させて。
こうして沢山の方々と一緒に映画を見ることで、ここで笑うんだとか色々と気づくことも多い。今回の上映でお客さんに「届いてるな!」と感じさせてもらった。
満足している。納得のいくものになっていると思う。
夏八木さんは亡くなるまで役者を貫いた方。自分もそういう作り手になりたい。
●ストーリー
6年間育てた息子は、他人の子でした――。
学歴、仕事、家庭。自分の能力で全てを手にいれ、自分は人生の勝ち組だと信じて疑っていなかった良多。
ある日病院からの連絡で、6年間育てた息子は病院内で取り違えられた他人の夫婦の子供だったことが判明する。
血か、愛した時間か―突き付けられる究極の選択を迫られる二つの家族。
今この時代に、愛、絆、家族とは何かを問う、感動のドラマ。
監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、風吹ジュン、國村準、樹木希林、夏八木勲
配給:ギャガ
『そして父になる』
10月5日(土) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
(C) 2013『そして父になる』製作委員会
→『そして父になる』の記事を探す
→福山雅治の記事を探す