MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』7ヵ国で前作170%スタート

『スター・トレック』ついに夏映画の本命始動!
全米に先立ち、世界7ヵ国でオープニング 前作170%の興収で驚異のスタートダッシュ!!
パラマウント ピクチャーズが配給するサマーピクチャーの大本命『スター・トレック イントゥ・ダークネス』が 5月16日(木)の全米公開に先立ち、9日(木)から7ヵ国で公開され、各国No.1となった他、驚異的な興行成績を 記録する素晴らしいスタートを飾った。

startrek-into.jpg


公開されたテリトリーは、イギリス、ドイツ、オーストリア、スイス、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコの 7ヵ国で、イギリス(前作対比150%で1330万ドル)、ドイツ(180%で700万ドル)を筆頭に、各国とも150~300% となる成績をあげ、累計3100万ドルを記録。これは前作対比で170%となる。
特筆すべきは、前作の成績が振るわなかった、『スター・トレック』ブランド未定着の3ヵ国(メキシコ、ニュージー ランド、オーストリア)でも前作比250~300%を記録したことで、この数値で換算すると、前作の1億2,800万ドル に対し、インターナショナルの成績だけで3億ドル突破が見込まれ、ワールドワイドでは前作3億8500万ドルに 対し、6億ドル以上の超大ヒットが期待される。
そして、興行成績だけでなく作品の評価も極めて高く、全米の批評サイト“ROTTEN TOMATOES”で90%以上と驚異的な数字を上げ、作品のクオリティの高さも本作品の大きな強みである。
また、一般観客の“見たい度”調査においても、99%というほぼ100%の数字を出し、サマーピクチャーの本命 の登場に大きな期待がかかる。
いよいよ5月16日(木)からは、全米をはじめ、ロシアなど16ヵ国で公開され、全世界に『スター・トレック イントゥ・ダークネス』旋風が吹き荒れることは間違いない!
●ストーリー
平和を謳歌する地球に、突如訪れた史上最大の危機。それはエンタープライズ号の内部に潜んでいた静かなる悪のもたらしたものだった。
壮大な宇宙を舞台に繰り広げられる生死を賭けた闘い。仲間との絆は引き裂かれ、愛は試される。世界と引き換えにカークが、エンタープライズ号のクルーが、払わなければならない「犠牲」とは?
監督:J.J.エイブラムス
脚本:デイモン・リンデロフ(『プロメテウス』(2012))、アレックス・カーツマン(『スター・トレック』(2009))、ロベルト・オーチー(『スター・トレック』(2009))
製作:J.J.エイブラムス、ブライアン・バーク(共にバッド・ロボット・プロダクションズ)、デイモン・リンデロフ、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョウ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、ピーター・ウェラー
配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズジャパン
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
8月23日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか、全国超拡大ロードショー!
(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
→『スター・トレック』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら