MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ロマンティック・ゾンビ・ラブコメ『ウォーム・ボディーズ』公開決定!

全米で興収第1位を獲得後、各国でも大ヒットを記録中の話題作『WARM BODIES』。
この度、本作の邦題が『ウォーム・ボディーズ』に決定し、9月21日(土)より全国公開することになりました!
恋に落ちるのに、人間かどうかなんて関係ない!
キュートなゾンビが恋をしましたけど、なにか?
『50/50 フィフティ・フィフティ』の大ヒットで、映画ファンから圧倒的支持を受ける若き新星ジョナサン・レヴィン監督が、『トワイライト』の著者も大絶賛するアイザック・マリオンの同名小説を映画化。


ゾンビ史上最高にキュートなゾンビ男子“R”を演じるのは、『シングルマン』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』で注目を集め、『ジャックと天空の巨人』では主演を務めた次世代のハリウッドトップスター、ニコラス・ホルト。
秩序が崩れた世界でショットガンを握るちょっと気の強いニンゲン女子“ジュリー”には『アイ・アム・ナンバー4』のテリーサ・パーマー。
そして、アカデミー助演男優賞など多数の受賞歴を持つジョン・マルコヴィッチが脇を固めました。
全編にロミオ&ジュリエットのオマージュを散りばめ、BGMには誰もが知るポップな名曲を多数使用。
本当のハート・ウォーミングの意味を教えてくれる、最高にかわいくてちょっとシュールな、かつてないラブコメがいよいよ日本に感染、決定!
●ストーリー
ゾンビと人間が敵対する近未来―。
ある日、ゾンビのRはいつも通り仲間たちと「食糧」を探しに街へ出かけた。
ところが彼は襲撃するはずだった人間・ジュリーに一目惚れ! 彼女を救出し自身の居住区へ連れ帰ってしまう。
最初は恐れをなし、徹底的に拒絶するジュリーだったが、次第にRの純粋さ優しさに心を開き始める。
ゾンビにとって「おいしい」人間、人間にとって「絶対的な敵」ゾンビ・・・出会ってはいけなかった、けれど、うっかり出会ってしまった二人の恋は、ゾンビの死に絶えた“冷たい”ハートを打ち鳴らすことができるのか!?
そして終末を迎える世界に、もう一度“温かな”希望をよみがえらせることができるのだろうか!?
●スタッフ・キャスト
監督・脚本:ジョナサン・レヴィン『50/50 フィフティ・フィフティ』
原作:アイザック・マリオン「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」(小学館文庫)
出演:ニコラス・ホルト『ジャックと天空の巨人』、『シングルマン』、『アバウト・ア・ボーイ』、テリーサ・パーマー『アイ・アム・ナンバー4』、『魔法使いの弟子』、ジョン・マルコヴィッチ『マルコヴィッチの穴』
(C)2012 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved
『ウォーム・ボディーズ』
9月21日(土)よりシネクイントほか全国ロードショー
→『ウォーム・ボディーズ』の記事を探す