MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ビトレイヤー』早くも続編決定? 次の舞台は香港?

イギリスでの大ヒットを受け、早くも続編決定か!?
『ビトレイヤー』次の舞台は香港?
リドリー・スコット製作総指揮、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のジェームズ・マカヴォイ主演最新作、『ゼロ・ダーク・サーティ』のマーク・ストロングによるクライム・サスペンス・アクション大作『ビトレイヤー』が来る5月4日(祝・土)より新宿シネマカリテ他にて公開されます。

vitrayer3.jpg


日本公開に先駆け、製作国イギリスにおいて、3月15日より公開がスタートし、ディズニー映画『シュガー・ラッシュ』、ジェイソン・ステイサムの『PARKER/パーカー』など並み居る強豪を抑え、第3位スタートを切り、その後も好成績をマークし続けている。(1位は『オズ はじまりの戦い』、2位がソダーバーグ監督作『サイド・エフェクツ』)ハリウッドの大作とも引けを取らないスタートを受け、公式発表の前に監督自らがTwitterやインタビューで続編の内容などの構想をうっかり口を滑らし、ファンの間では“続編決定か?”と騒がれています。
●エラン・クリーヴィー監督が思わず語ってしまった続編とは?
スターンウッド(マーク・ストロング)がその後香港に逃亡し、妻と二人で香港に住んでるんだ。マックス(ジェームズ・マカヴォイ)はというと、サラ(アンドレア・ライズブロー)を失ってしまって失意の底にいる。そんな中、イギリス政府がスターンウッドの居場所を突き止め、マックスにスターンウッドを捕まえるように指示するんだ。
続編は言わば“香港編”ってとこかな。クレイジーで、熱烈な、ジョン・ウースタイルの『ハード・ボイルド/ 新・男たちの挽歌』『ザ・レイド』みたいなアクションをマカヴォイとマークで考えている。
香港では、撮影の規制等も緩やかだろうし、『ビトレイヤー』の10倍くらいの銃撃シーンやアクションシーンを予定しているんだ。なんてったって、僕自身が香港という街や香港映画に取りつかれているからね。楽しみにしていてよ。

巨大な陰謀の影に≪裏切り者(ビトレイヤー)≫――。
事件に巻き込まれた息子から連絡を受けたスターンウッド(マーク・ストロング)は、潜伏先からロンドンへと戻ってくる。捜査官のマックス(ジェームズ・マカヴォイ)にとっては、かつて心身ともに深い傷を負わされた因縁の相手であり、大物犯罪者のスターンウッドを捕まえるまたとないチャンスだった。
衝突を繰り返す二人だったが、やがて政府絡みの陰謀に巻き込まれたことを知り、互いが生き延びるため協力し、巨大組織と戦うことになる。
(C)The British Film Institute 2013
『ビトレイヤー』
5月4日(祝・土)より、新宿シネマカリテ他全国ロードショー
→『ビトレイヤー』の記事を探す