MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

全米が震え上がった……『死霊のはらわた』が全米初登場No.1スタート!

1981年に公開され、全世界を恐怖で覆い尽くしたサム・ライミ監督の長編デビュー作『死霊のはらわた』。スプラッター・ブームを巻き起こした伝説の映画が、32年の時を超え、ついにリメイクで蘇った。
そのサム・ライミが満を持してプロデューサーを務めた『死霊のはらわた』(日本公開5月3日、フェデ・アルバレス監督)は、4月5日(金)に北米3205館で公開となり、週末3日間で2600万ドル(約25億5900万円、1ドル=98.43円換算、4月8日現在)の興行収入を得て北米週末成績初登場No.1となった!


異例ながら、全米公開を待たずしてすでに同監督の脚本で続編も進められている本作。オリジナル版監督のサム・ライミも本作には「これは究極の恐怖体験だ。観られるものなら、観てみろ」と惜しみない賞賛を送るほどのクオリティーの高さだ。
日本公開は5月3日(祝・金)。GWのど真ん中に、今年最大の恐怖が日本を襲う!
●ストーリー
精神病を患う妹ミアの療養のため、兄と友人たちの男女5名は 山奥の不気味な小屋を訪れる。そこで彼らは禁断の「死者の書」を発見し、邪悪な死霊を甦らせてしまう。姿なき死霊に憑依され豹変したミアは見るも無残な姿となって仲間たちに襲い掛かる。
閉ざされた森から出ることも助けを呼ぶこともできずに次々に憑依されていく若者たち。彼らに生き残る術はあるのか……。
プロデューサー:サム・ライミ、ロブ・タパート、ブルース・キャンベル
監督:フェデ・アルバレス
出演:ジェーン・レヴィ、シャイロー・フェルナンデス
Facebook:http://www.facebook.com/Harawata.JP
Twitter:http://www.twitter.com/Harawata_JP
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『死霊のはらわた』
5月3日(祝・金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー
→『死霊のはらわた』の記事を探す
→サム・ライミの記事を探す