MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『超次元ゲイム ネプテューヌ』田中理恵さん超次元トークショー

3月17日(日)に開催された「ゲームの電撃 感謝祭2013」において「ネプテューヌ超次元ステージ ゲームもアニメもねぷねぷしよっ♪」と題した『超次元ゲイム ネプテューヌ』のステージイベントが行われた。
出演者は、ゲームプロデューサー・水野尚子さん、ゲームディレクター・小野寺真吾さん、ゲームキャラクターデザイン・つなこさんだ。アニメ、ゲーム、コミックなど『ネプテューヌ』に関する最新情報が告知された。

neptune14.jpg


●ゲストに田中理恵さんを迎え“超次元トークショーねぷ!”
まず始めに「電撃PlayStation アワード2012」への作品ノミネートについて、水野プロデューサーから「ノミネートと聞いた時は耳を疑うくらい驚きました。これも応援して下さるファンの皆さんのおかげです」と感謝の言葉が述べられた。
その後「上から来るよ~!」「気をつけて~」(水野さん&つなこさん)という掛け声で元気よく、ネプテューヌ&パープルハート役の声優・田中理恵さんが登場!

neptune22.jpg

初めての『ネプテューヌ』イベントということで、田中さんへ様々な質問が投げかけられた。
Q:これまでゲーム3作品でネプテューヌを演じられての感想は?
田中さん:これだけやっていれば少しは、ネプも成長するかなと思っていたんですが、全然成長もせず皆と会話をしている時のKYさが全然直っていないっていう。なので収録している時に「これは言わないで」って思っていても「言っちゃった!」みたいなことが多かったので、それはネプらしさかなと思っています。
Q:ネプテューヌ(変身前)とパープルハート(変身後)の一人二役で難しいところは
ありますか?
田中さん:ネプテューヌが高い声なので、地声とのギャップで気合入れなきゃ~って感じで、毎回栄養ドリンクを飲んで収録に励みました。喉というよりも、脳みそが溶けそうになるんですよ~、あまりにも高い声を出し過ぎて。でも、辛抱強く水野さんにも聴いて頂いてリテイクしたりもしました。
その他、ゲーム開発当初のマル秘エピソードなどもお披露目。また、開発チームの秘蔵フォルダ内の資料が一部公開され、スタッフなら職種に関わらず、誰でも自由にアイデアを提示できる体制になっていることが明かされた。制作スタッフたちの意見交換が盛んに行われている様子がうかがえる。
●戦いなんてもう古い? 女神たちの歌を聴け! “新作ゲーム情報コーナー!”
そしてここからは、怒涛の新発表ラッシュとなる。まずその第一弾として発表されたのが、PS Vita用ソフト『神次元アイドル ネプテューヌPP』。ネプテューヌたちを歌手としてプロデュースする、アイドル育成ゲームとなっているぞ。
「PP」とは「Perfect(パーフェクト)Producer(プロデューサー)」の略。水野プロデューサーいわく「キャラクターソングの誕生とともに、アイドルゲームの開発は必然だった」そうだ。
続いては人気ヒロイン・ノワールを主人公にしたスピンオフタイトル『超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート』が発表された。こちらは年内発売が告知されたものの、詳細は後日とのことだ。
●お待ちかね!“TVアニメ情報コーナー!”
続いてのコーナーは、「TVアニメ情報コーナー。既に本サイトでも度々取り上げて来たように、今年の夏にはアニメ『超次元ゲイム ネプテューヌ』の放送が開始される。

neptune19.jpg

水野プロデューサーはアニメ化に際し、「『ネプテューヌ』は無印の頃からずっとアニメ化して欲しいという想いで取り組んで来たんですけれど、今回その目標を達成できて本当に嬉しいです。頑張ります!」とコメント。
そして小野寺ディレクターいわく「監督が、かなり『ネプテューヌ』が好きな人で「それぞれのゲームを何周もしている」と最初に言われたんですよ。しかも、他のスタッフさんも集めて皆さんで『ネプテューヌ』の研究をして下さっていています」とのことで、スタッフの愛がたっぷり詰まった作品となりそうだ。
その他、アニメのキービジュアルと、オープニングテーマをnao、エンディングテーマをアフィリア・サーガがそれぞれ担当する事が発表された。
アニメ化情報のラストには、できたてほやほやのPVをちょっとだけお披露目。動くネプテューヌたちの姿に、否応なしに期待は高まる!
●次々に進むメディアミックス!“ゲイムギョウ界エトセトラ!”
ゲーム、アニメ以外にも『ネプテューヌ』コンテンツの広がりは目覚ましい勢いで進行中だ。
御影獏先生によるコミカライズ版『超次元ゲイム ネプテューヌ はろーにゅーわーるど』が4月27日発売の「電撃マオウ」(アスキー・メディアワークス)6月号より連載開始予定だ。アニメ化に向けて始まる、数々のメディアミックスも見逃すな!
●制作スタッフ&田中理恵さんから、ファンへ感謝のコメント
最後に登壇した出演者からファンに向けて、それぞれ謝辞が述べられた。

neptune23.jpg

田中さん:アニメ化が決まって、アニメーションを初めて見せて頂いたので、ゲームの映像は少し観ていたんですけど、アニメの方も頑張ろうと思いますので皆さん楽しみにしていて下さい。頑張りますので、よろしくお願い致します! ねぷっ!
つなこさん:今年は本当にいろいろありすぎて、スタッフも結構バタバタしているんですけど頑張りますので、是非観て頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
小野寺ディレクター。まさか3年かかってアニメ化するなんて思っていませんでした。関係者皆様のご協力があったり、支えがあったためだと思います。どうもありがとう御座います。
水野プロデューサー:今日はイベントにお越し下さってありがとう御座います。これからも、ネプテューヌシリーズはどんどん続きますので応援して下さい。お願いします。
最後は、即興で決まった「カンガルーのように~」、「ぴょい~ん!」というコールでイベントは盛況のうちに幕を閉じた。今後、発表される新情報をチェックしながら『ネプテューヌ』のアニメ放送開始を心待ちにしたい。
PS Vita専用ソフト「神次元アイドル ネプテューヌPP」公式サイト:http://www.compileheart.com/neptune/pp/
●テレビアニメ『超次元ゲイム ネプテューヌ』
2013年夏より放送開始予定
・キャスト
ネプテューヌ/パープルハート:田中理恵
ノワール/ブラックハート:今井麻美
ブラン/ホワイトハート:阿澄佳奈
ベール/グリーンハート:佐藤利奈
ネプギア:堀江由衣
ユニ:喜多村英梨
ロム:小倉唯
ラム:石原夏織
・スタッフ
監督:向井雅浩
シリーズ構成・脚本:ヤスカワショウゴ
キャラクターデザイン:竹知仁美
キーアニメーター:森 幸子
キーアニメーター:山田真也
キーアニメーター:谷川政輝
音響監督:明田川 仁
音響制作:マジックカプセル
編集:廣瀬清志
アニメーション制作:david production
OPアーティスト:nao
EDアーティスト:アフィリア・サーガ
『超次元ゲイム ネプテューヌ』公式サイト:http://nep-anime.tv
アニメ公式Twitterアカウント:@nep_anime
(C)2013 アイディアファクトリー・コンパイルハート/ネプテューヌ製作委員会
→『ネプテューヌ』の記事を探す
→アニメニュースはこちら