MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『建築学概論』のカフェ“ソヨンの家”済州島にオープン!

『建築学概論』済州島にカフェOPEN、式典にオム・テウン&ハン・ガイン登場!
みんな、誰かの初恋だった。大学1年の授業で恋した君に、14年後再会した。
あの事の純粋な思いがよみがえる。
『建築学概論』は、大学の初恋の相手だった女性が15年後に突然現れ、建築士の自分に家を建ててほしいと頼むことから始まる物語。
ハン・ガイン演じるソヨンは、済州島(チェジュ島)の自分の生まれ育った思い出のある家を、建築士スンミン(オム・テウン)に立て直してほしい、と頼む。その家を建てていく過程で、二人の間に甦るかつての思い出と、新たに生まれる温かな感情。しかしスンミンには婚約者がいた。これから二人が選ぶ未来とは・・・?


この済州島のソヨンの家は2012年4月設計を開始し、9月に着工。撮影終了後は、本来、ミョンフィルムはシナリオ作業用に使用するつもりだったが、本作の大ヒットを受けて、観光客の増大し、3月27日に「カフェソヨンの家」としてカフェオープンした。
27日にオープン式典が行われ、オム・テウンとハン・ガインをはじめとしてイ・ヨンジュ監督、ミョンフィルム代表らも参加。監督とオム・テウン、ハン・ガインの手形のお披露目も行われた。
年中無休でミョンフィルム文化財団が運営予定。本作の美術監督が全体インテリアを担当し、イ監督もアイデアを加えた。財団はカフェオープンを通じて映画と済州道(チェジュド)の文化観光名所で再誕生すると期待している。住所は、済州島西帰浦市南元邑爲美里。
●ストーリー
みんな 誰かの初恋だった。
建築学科に通う大学1年のスンミン(イ・ジェフン)は、“建築学概論”の授業で音楽学科の女子学生ソヨン(スジ)に出会い、一目で恋に落ちた。しかし、恋に奥手なスンミンはなかなか告白できないまま、小さな誤解からソヨンと遠ざかってしまう。
それから15年後、建築士になったスンミン(オム・テウン)の前に、ソヨン(ハン・ガイン)が突然現れ、家を建てて欲しいと言う。その建築の過程で次第に明らかになるソヨンの素性。そして、よみがえる記憶と新たに生まれる温かな感情。
しかしスンミンには婚約者がいたー。
監督:イ・ヨンジュ
出演:オム・テウン/ハン・ガイン/イ・ジェフン/スジ(Miss A)
提供:ショウゲート/アットエンタテインメント
配給:アット エンタテインメント
Facecook:www.facebook.com/kenchikumovie
Twitter:@kenchikumovie
(C)2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
『建築学概論』
5月18日より、新宿武蔵野館他にて全国順次ロードショー
→『建築学概論』の記事を探す