MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

谷原章介がコクのあるナレーションを担当!『ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密~』

伝説のラーメン店、東池袋大勝軒の世界がスクリーンに蘇る!
『ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密~』
6月8日(土)より劇場公開決定!
“谷原章介”がコクのあるナレーションを担当!!
フジテレビの『ザ・ノンフィクション』で過去3回(2002年、2005年、2011年)シリーズ放送され大きな反響を呼び、国際テレビ賞(※)にも輝いたドキュメンタリーに、さらなる撮影を加え『ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密~』として映画化、そして、6月8日(土)より劇場公開が決定いたしました。
※US INTERNATIONAL FILM & VIDEO FESTIVAL にて、Silver Screen Award受賞

ra-menyori1.jpg


●2時間以上待っても帰らない客、毎日来る常連…
日本一愛された大勝軒のラーメン。その裏には一人の男の人生があった。
創業以来50年、行列の店の元祖として伝説的な存在の「大勝軒」。この東京・東池袋にある一軒のラーメン屋には、ラーメンの神様<山岸一雄>の語り尽くせない人生が詰まっていた。店を訪れるすべての人に「何かを与える」彼は、一体どのような人物なのか?
常連客、店員など数々の証言から彼の生き様を浮き彫りにする。そして、山岸自身決して語ろうとしない「大勝軒」の奥の一室に隠された真実から、彼の「大勝軒という生き方」の源流にせまる!

ra-menyori2.jpg

●映画の隠し味は“谷原章介”のナレーション!
また今回の映画化にあたって、大のラーメン好きでもある俳優・谷原章介が、山岸一雄という男の<人生>を、長きにわたり語られなかった<真実>を、ナレーションでバックアップ。さらに作曲家・久石譲がこの作品のエンディング曲を書き下ろしました。山岸の人生の光と影、そして愛と感動をあたたかくサポートします。
・谷原章介さんコメント
『ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密~』のナレーションをやらせて頂きました谷原章介です。
東池袋の大勝軒といえば、僕らラーメンファンにとっては伝説のお店で、しかも今回、このラーメンの神様として知られる山岸さんの物語のナレーションをやらせていただくのは、ほんとうにラーメン好きとしてはこれほど光栄なことはありませんでした。
行列店の元祖と言われる、昔の大勝軒の熱気みたいなものを皆さんに伝えられればいいと思いましたし、ラーメンよりあったかい、熱い山岸さんの人柄を感じてもらえると良いなと思います。
このお話は、実はラーメンの話だけではありません。美味しそうなラーメンの裏側にあった“山岸一雄”という人の人生や愛のお話なんです。
ですから、ラーメンファンの方々だけでなく、映画ファンのみなさん、男女、そしてお年寄りもお子さんも問わず楽しんで、そして感動出来る素敵な映画になっていると思います。
『ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密~』は6月8日より公開です。もちろん映画を見た後はラーメンがすっごく食べたくなりますから、みなさん、ご期待下さい。よろしくお願いします。

ra-menyori3.jpg

●西村朗プロデューサーコメント
過去3回に渡ってテレビ放映したドキュメンタリー作品を、新撮を加えて、一から編集もし直して、まったく新しい作品として劇場公開する事になりました。
これはラーメン映画ではなく、ラーメンの神様として知られる山岸一雄さんの、知られざる愛と感動の人生が描かれた映画です。(キャスティングされた)ドラマには無い、絵のリアリティや重厚さは、このドキュメンタリーだからこそ感じられるものになっています。是非、ご期待下さい。
●印南貴史監督コメント
山岸さんにはじめて会ってから10数年経ちますが、ドキュメンタリーを撮る切っ掛けになったのは、山岸さんの不思議な魅力からでした。単なるラーメンオヤジでは無いと肌で感じてから、企画を立ち上げて、このひとりの人間の素晴らしさを追いかけてきました。話すうちに、表には見せない山岸一雄という人間の影の部分にも、この取材で触れる事ができました。先程の話にもありましたが、これはラーメンの映画ではなく、ひとりの男の普遍的な愛の映画です。人間らしさとは何か?を感じてもらえる作品が出来たと思いますので、多くの方にご覧頂きたいと思います。

ra-menyori4.jpg

●作品情報
その一杯のラーメンを求め、2時間待ち以上の行列ができる店--かつて、伝説のラーメン屋が東池袋にあった。「東池袋大勝軒」。創業から50年にわたりその店を守り続けたのは、店主・山岸一雄。
なぜ彼の作るラーメンはそんなにも美味しいのだろうか?
なぜ大勝軒はこんなにも多くの人に愛されるラーメン屋になったのだろうか?
そこには味へのこだわりだけではなく、山岸の人生と愛、彼が信じた人との絆があった。
過去3回にわたりフジテレビのドキュメンタリー『ザ・ノンフィクション』で放送され、大きな反響を得た番組を映画化。10年以上に及ぶ記録映像に、山岸の故郷・長野の美しい情景を加え、新たに改編して仕上げられたこの作品は、「ラーメンの神様」山岸一雄の人生の集大成といえる映画となっている。
ラーメンに生きた男の人生に隠された光と影、決して語られる事のなかった真実…一杯のラーメンの向こう側にある、愛と感動のドラマが今、見えてくる--。
語り:谷原章介
原作:ザ・ノンフィクション「ラーメンより大切なもの」(フジテレビ) 監督:印南貴史構成:岩井田洋光
撮影:山岸恵史
音楽:高田耕至
エンディングテーマ曲:久石譲「ふるさとのメロディー」
製作統括:塚越裕爾
企画:堤康一
エグゼクティブプロデューサー:味谷和哉
プロデューサー:西村朗、山田敏弘
協賛:カネジン食品
協力:大勝軒のれん会麺屋こうじグループ
製作:フジテレビジョン
制作プロダクション:メディア総合研究所
宣伝:KICCORIT
配給:ポニーキャニオン
『ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密~』
6月8日(土)よりシネマサンシャイン池袋他全国順次ロードショー
(C)2013 フジテレビジョン
→『ラーメンより大切なもの』の記事を探す