MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『牙狼<GARO>』スピンオフ劇場版『牙狼外伝 桃幻の笛』製作決定! 特報解禁!

2005年にテレビシリーズとしてスタートした『牙狼<GARO>』。これまでの多く作品を生み出してきました。そして、遂に、邪美&烈花! 女魔戒法師の活躍を描くスピンオフ劇場版作品『牙狼外伝 桃幻の笛』の製作が決定!

garo-mvgaiden-togen1.jpg


今回のスピンオフで描かれるのは女の戦い! シリーズの中でも高い人気を誇る女魔戒法師・邪美(佐藤康恵)、烈花(松山メアリ)を主人公に本編『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』の後のエピソードが描かれる。
本作で初めてメガホンを握った大橋監督は、自らが7年前スタントを演じていたキャラクター<邪美>を主人公としたスピンオフで今回初監督を務める。『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』からアクション監督を務め、『牙狼<GARO>~蒼哭ノ魔竜~』撮影中にいきなり雨宮監督から「次は監督な」と大抜擢された。雨宮総監督は大橋監督が撮りやすい台本をと思い、今作ではアクションをふんだんに取り入れたという。

garo-mvgaiden-togen2.jpg

主役となった佐藤康恵は、現場では “姉さん”と慕われる『牙狼<GARO>』シリーズに欠かせない存在。アクションも命がけで何があってもやっていきたいという思いで臨んだという。同じく主演となった松山メアリは、まさかの主役、さらに鋼牙や牙狼が出てこない『牙狼<GARO>』に戸惑ったが、温かいスタッフや“邪美姉”に勇気づけられ、これまでの中でアクションは一番頑張ったと手応えを掴んだ様子を語っている。
撮影は冬の厳しい寒さの中で行われたが、雨宮総監督からストッキング禁止令が出たため2人とも衣裳は基本的に素足! それでもスタッフもキャストも気持ちは熱く、何度も涙が出そうになりながら撮影を続けた。

garo-mvgaiden-togen3.jpg

いままでの『牙狼<GARO>』シリーズが好きだったら分かるいろんなポイント――鋼牙や牙狼といった他のキャラクターを感じられるシーンもあるらしい『牙狼外伝 桃幻の笛』、7月劇場公開決定!

garo-mvgaiden-togen4.jpg

●出演
佐藤康恵(邪美)、松山メアリ(烈花)
瀧内公美(阿妓)、大野未来(麻妓)、倉貫匡弘(シグト)、津田寛治(ケンギ)、and more…
●スタッフ
原作・総監督:雨宮慶太
監督:大橋明
脚本:藤平久子 雨宮慶太
制作:オムニバス・ジャパン/東北新社
配給:東北新社
製作:東北新社
本編尺:約60分

(C)2013「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社
『牙狼外伝 桃幻の笛』
2013年7月 シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
→『牙狼』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら