MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

陰謀の舞台は半島から世界へ!『ベルリンファイル』日本公開&邦題決定!

『シュリ』から14年、陰謀の舞台は半島から世界へ!
『ベルリンファイル』
7月13日(土) 新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー決定!!

berlinfile1.jpg


日本中を席巻し韓国映画ブームの礎を築いたあの『シュリ』から14年。韓国スパイアクションはさらなる進化を遂げ、衝撃とともに日本に上陸する。1月29日に韓国で公開されるや、緻密に仕立てられたプロット、強烈で緊迫したアクション、破滅的なロマンスが話題を呼び、映画史上最高の完成度との評価を受け現在700万人以上を動員、いまなお、大ヒット爆進中の『ベルリン(原題)』。
先に公開されたアメリカに続き日本でも邦題を『ベルリンファイル』(配給:CJ Entertainment Japan)に決定し7月13日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開する運びとなった。
ハン・ソッキュ『シュリ』、ハ・ジョンウ『チェイサー』、チョン・ジヒョン『猟奇的な彼女』といった韓国で最高のキャストを束ねるのは、アクション映画の第一人者そして、ストーリーテラーでもあるリュ・スンワン監督。東西冷戦の場であったベルリンを舞台に、南北朝鮮の工作員たちの抗争を描くだけでなく、CIA、モサド、中東、ドイツ政府が複雑に絡み合う緻密で壮大な物語を作り上げた。
冒頭から始まる一つの事件。その事件がまるで蜘蛛の巣のように広がり観客の心を絡め取る。全てが伏線となり何一つ見逃せないストーリー展開、そして驚愕の結末。まさに韓国映画の枠を超えた、映画史上に残るハイブリッドスパイアクションの誕生である。

berlinfile2.jpg

●ストーリー
ベルリンに常駐する韓国国家情報院の要員チョン・ジンス(ハン・ソッキュ)は、アラブ組織の武器売買を監視中に、国籍不明、指紋さえ検出されない通称“ゴースト”と呼ばれている北朝鮮の秘密要員ピョ・ジョンソン(ハ・ジョンウ)の存在に気づき、追跡を開始する。
一方、ベルリン市内に同じく北の秘密要員トン・ミョンス(リュ・スンボム)が現れる。北朝鮮主席・キム・ジョンイル死後、ベルリンの北朝鮮大使館を掌握するために派遣された男だった。
彼からジョンソンは、妻で大使館の通訳官ヨン・ジョンヒ(チョン・ジヒョン)に二重スパイの疑いがあることを知らされる。その嫌疑を晴らすためジョンソンは奔走するが、彼女の亡命しようとしている行動を知り愕然とする。告発したミョンスの狙いは何処にあるのか? ジンスは敵か味方か?
さらには、アメリカ、アラブの思惑も交錯し世界を巻き込んだ戦いが“陰謀都市ベルリン”で始まる。生き残るのは果たして……。

berlinfile3.jpg

●スタッフ・キャスト
監督・脚本:リュ・スンワン(『生き残るための3つの取引』)
武術監督:チョン・ドゥホン(『G.I.ジョー バック2 リベンジ』)
キャスト:ハ・ジョンウ(『チェイサー』)/ハン・ソッキュ(『シュリ』)/チョン・ジヒョン(『猟奇的な彼女』)/リュ・スンボム(『クライング・フィスト』)
配給:CJ Entertainment Japan
(C)2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
『ベルリンファイル』
7月13日(土) 新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか 全国ロードショー!!
→『ベルリンファイル』の記事を探す