MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

“図書隊ケロロ”誕生! 『図書館戦争』と『ケロロ軍曹』が夢のコラボ!

国民的ベストセラー作家・有川浩の代表作で、シリーズ累計発行部数300万部を超える超人気小説『図書館戦争』が、実写映画として、いよいよ2013年4月27日から公開されます。
このたび『図書館戦争』映画公開を記念して、今年生誕15周年を迎える国民的キャラクター『ケロロ軍曹』とのコラボレーションが決定しました!

tosyokansenso-keroro.jpg


『図書館戦争』は、昭和から、平成ではなく「正化(せいか)」という年号に移った架空の日本を舞台にした、国家によるメディア検閲が正当化された時代の物語。図書館の「知る権利」や「本を読む自由」を守るために組織された自衛組織が「図書隊」です。
ケロロが袖を通すのは、「図書隊」の中の“一等図書士”という階級の制服。『図書館戦争』では榮倉奈々演じる新人隊員・笠原郁と同じ階級ですが、“軍曹”であるケロロから見れば格下げの設定。
地球侵略のためにやってきたケロロ軍曹ですが、実はこの「図書隊」に憧れていて、今回、映画公開を機に図書隊員に志願したというのです。それを聞きつけた『図書館戦争』のスタッフが、かねてより“日本一敬礼が似合う”と言われる『ケロロ軍曹』にぜひこの制服を着て、敬礼!してほしいとラブコールを送り、今回のコラボが実現しました。
果たして、堂上教官のしごきに耐え、新米隊員の郁よりも立派な図書隊員になれるのでしょうか!?
それとも、図書隊員になって『ケロロ軍曹』の“本”を守ることに意欲を燃やしつつも、図書隊員の立場を利用して地球侵略を進めるつもりなのでしょうか!?
図書隊の制服に身を包み、晴れて図書隊員になったケロロ軍曹がトレードマークの敬礼をする姿は、3月4日発売の「ヤングエース」で掲載されます。また、このオリジナルデザインの図書隊ケロログッズ(クリアファイル、缶バッヂセット、ステッカーなど)が順次発売される予定です。
ケロロ軍曹の総合公式サイト「ケロロ秘密基地へようこそであります!」:http://www.keroro.com/
「ヤングエース」公式サイト:http://www.kadokawa.co.jp/ya/
『図書館戦争』角川総合サイト:http://www.kadokawa.co.jp/toshokan-sensou/
『図書館戦争』公式Twitter:@toshokan_movie
(C)“Library Wars” Movie Project
(C)吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS・BV
『図書館戦争』
4月27日(土)全国東宝系ロードショー
→『図書館戦争』の記事を探す
→『ケロロ軍曹』の記事を探す
→アニメニュースはこちら