MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『王になった男』大ヒットスタート! 各界著名人から絶賛コメントの嵐!

韓国で国内映画史上TOP3の大ヒットとなったイ・ビョンホン主演の宮廷歴史大作『王になった男』(チュ・チャンミン監督/配給:CJ Entertainment Japan)が、2月16日(土)ついに日本公開となりました。
実在した朝鮮15代目の王・光海の秘密に迫る、史実にフィクションを取り混ぜた重厚な宮廷歴史大作『王になった男』は、主演のイ・ビョンホンが光海君と影武者ハソンの一人二役を演じ、韓国では観客動員1,230万人を超え史上歴代3位の大ヒットを記録した超話題作。
ついに日本でも16日(土)より新宿バルト9、丸の内ルーブルほかにて全国公開となり、各劇場には朝早くから席を求めるお客様が多くつめかけ、満席売り切れも続出。その満足度の高さからか、上映後自然と拍手が起こる劇場もみられるなど、絶賛大ヒットスタートとなりました。

ouninatta5.jpg


本作『王になった男』については、すでに鑑賞した各界著名人から絶賛の声も多く、「イ・ビョンホンさんは期待を裏切らない。一人二役の演技は繊細で、大胆で、華があり、圧巻でした。」佐藤健さん(俳優)、「その映像美と迫力、心を乱されてしまうほどの“王”の優しさと人間性に、そして物語に引き込まれました。素晴らしい作品。」広末涼子さん(女優)と、同業者である俳優・女優陣からも、一人二役を演じきったイ・ビョンホンの圧倒的な演技力に絶賛コメントが寄せられました。
そして、公開されるやいなや、ツイッター上には観終わったばかりの観客の熱をもった感想コメントがあふれ、その反響は関係者の予想以上。
「笑って泣いて、物語に引き込まれた。間違いなく今年観た中で一番の傑作」、「『オールド・ボーイ』の脚本家と同じなんだ。さすがにおもしろい」、「演技の上手さに全身鳥肌たったのは、いつ以来だろう。暴君と道化を完璧に演じ分けたイ・ビョンホン最高!」、「王妃役のハン・ヒョジュ、側近役のリュ・スンリョンなど脇の俳優さんの演技も素晴らしく、涙を誘います」と、イ・ビョンホンをはじめとする俳優の熱演、そして物語の素晴らしさを絶賛する声が多くきかれました。
公開2日間にして、早くもすでに2度鑑賞したというリピーターもいるほどで、韓流ファンのみならず、時代劇ファン、映画ファンへとその感動の輪が熱を持って広がっており、口コミによるブームの兆し、さらなるヒットも期待されます。
現在、見れば見るほど絢爛豪華な賞品が当たる“宮中リピーターキャンペーン”を3月22日(金)まで実施しています。映画半券を集めて応募すると、イ・ビョンホンが新宿バルト9のスターステージで行ったイベントで、岩下志麻さんと一緒に押印した金印や、宮中スタンディなどの激レアアイテムが当選者にはプレゼントされます。

2012年/韓国/131分/カラー/5.1chサラウンド/日本語字幕:根本理恵
監督:チュ・チャンミン (『マバド』『拝啓、愛しています』)
脚本:ファン・ジョユン(『オールド・ボーイ』)
キャスト:イ・ビョンホン/リュ・スンリョン/ハン・ヒョジュ/キム・イングォン/シム・ウンギョン
配給:CJ Entertainment Japan
製作:リアルライズピクチャーズ
(C)2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
公式FACEBOOK:http://www.facebook.com/becameking
公式twitter:https://twitter.com/becameking
『王になった男』
新宿バルト9、丸の内ルーブルほかにて絶賛上映中。
→『王になった男』の記事を探す