MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ある海辺の詩人-小さなヴェニスで-』初日決定、著名人から続々とコメント到着

2012年イタリア・アカデミー賞(ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞)、2011年ヴェネチア国際映画祭FEDIC賞をはじめ、世界各国で数多くの映画賞を受賞した『ある海辺の詩人―小さなヴェニスで―』の初日が3月16日に決定しました。シネスイッチ銀座他にて全国順次公開となります。
シュン・リーを演じるのは2006年ヴェネチア国際映画祭グランプリを受賞した『長江哀歌』のチャオ・タオ。べーピ役には『M:I-2』『バットマン ビギンズ』など多くの作品で世界的に活躍しているラデ・シェルベッジア。2012年イタリア・アカデミー賞(ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞)、2011年ヴェネチア国際映画祭FEDIC賞をはじめ数多くの映画賞を受賞した本作が、この春、最高に美しく儚い“出会いと別れ”の物語で、あなたの心に温かいあかりをそっと灯します。

aruumibe1.jpg


本作をいち早くご覧いただいた著名人の方々より多数コメントが到着いたしました。
詩のかぼそい赤い糸で結ばれたひそやかな愛の物語、国も言葉も年も離れた二人の、抑えた表情に胸を衝かれます。 ―谷川俊太郎(詩人)
ラグーナに浮かぶ島の寓話めいた日常性の中に、遥かな水が気まぐれで運んだ紅い花のような中国人女性が、郷愁を忘れたはずの老いた漁師の胸に呼び覚ます孤独と詩情が哀しく、沁みる。 ―岡本太郎(翻訳家・ライター)
俳優の持っている空気、かわされる会話、流れてくる音楽、海の風景、すべてが美しい「詩」になっている。久々にシビレタ! ―鎌田 實(医師・作家)
こころの中の、“静かな部屋”。国も人種も世代もなにもかも違うけれど、ふたりの“静かな部屋”はとても似ている。
そしてふたりは、その大事なその部屋を密かに、ゆっくりと、開き合う。 ―坂本美雨(ミュージシャン)

公式Facebook:http://www.facebook.com/umibenoshijin
公式Twitter:@umibenoshijin
(C)2011 Jolefilm S.r.l.- Aternam Films S.a.r.l – ARTE France Cinema
『ある海辺の詩人-小さなヴェニスで-』
3月16日(土)より、シネスイッチ銀座他 全国順次ロードショー
→『ある海辺の詩人』の記事を探す