MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

園子温監督最新作『地獄でなぜ悪い』初日決定

監督・園子温、主演・國村隼の映画『地獄でなぜ悪い』(配給キングレコード、ティ・ジョイ)の公開初日が9月28日に決定しました。

jigokudenaze.jpg


2009年『愛のむきだし』がベルリン国際映画祭、2010年『冷たい熱帯魚』がヴェネチア国際映画祭、2011年、『恋の罪』がカンヌ国際映画祭へ出品。そして同年ヴェネチア国際映画祭に出品された『ヒミズ』では、主演の染谷将太と二階堂ふみをマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)の受賞に導くなど作品を発表する度に、世界中で高い評価を受け続けている園子温監督。
『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』の2作品では、2012年度の日本国内の映画賞を総ナメに。最新作の『希望の国』では、原発爆破後を舞台に家族の生き様を描き、現代日本が抱える問題に真っ向から立ち向かい世界中に衝撃と深い感動を与えました。
そんな今、最も目が離せない“園子温”の次回作は、アクションエンタ―テインメント!
本作は、監督が十数年あたためた自身の脚本を加筆した作品で、裏テーマは“35mm映画への愛”。
主演は園組へ初参加となる國村隼。
共演者には堤真一、長谷川博己、星野源、二階堂ふみ、友近と、日本映画界を支える名優や、園組常連さらに初参加のフレッシュで才能溢れる個性豊かな面々を迎え、まさかのキャスティングで贈る過激な愛の物語。バイオレンスあり、アクションあり、ラブあり、笑いありの全く新しいエンターテインメント作品が公開となります。
●ストーリー
憎しみ合うふたりの男、武藤(國村隼)と池上(堤真一)。武藤は、娘のミツコ(二階堂ふみ)の映画デビューをなんとか叶えたいあまり、自らミツコ主演で映画を製作をはじめる。
憎い男の娘と知りつつもミツコに惹かれはじめる池上、ひょんなことから映画監督と間違えられた公次(星野源)、その公次に頼まれミツコ主演映画を撮るハメになる映画青年・平田(長谷川博己)が加わり、事態は想像を絶する方向に向かっていく……!
(C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会
配給:キングレコード、ティ・ジョイ
『地獄でなぜ悪い』
9月28日(土)新宿バルト9ほか全国公開!
→『地獄でなぜ悪い』の記事を探す