MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

乙武洋匡の自伝的小説「だいじょうぶ3組」を国分太一主演で感動の映画化!

大ベストセラー『五体不満足』の著者・乙武洋匡が、3年間にわたる小学校教師としての実体験をもとに描いた自伝的小説『だいじょうぶ3組』が感動の映画化!!

daijoubu3kumi.jpg


主人公の補助教員・白石優作を演じるのは、国分太一。第62回毎日映画コンクールで男優主演賞を受賞した『しゃべれども しゃべれども』(2007年/平山秀幸監督)以来、6年ぶりに映画主演を務める。TOKIOとしてのアーティスト活動はもちろん、バラエティ番組やスポーツキャスターなど様々な分野での活躍は周知のとおり。
白石と幼なじみの新任教師・赤尾慎之介を演じるのは、乙武洋匡。大学在学中に出版した『五体不満足』が多くの人々の共感を呼び、卒業後はスポーツライターとして活躍。2007年から2010年まで務めた小学校教師の体験をもとに、小説「だいじょうぶ3組」を執筆。映画化にあたり、自身がモデルの赤尾先生役を演じ、俳優に初挑戦した。
そのほか、白石の恋人・美由紀役の榮倉奈々、副校長役の田口トモロヲ、校長・黒木役の余貴美子といった豪華キャスト陣を束ねるのは、『余命1ヶ月の花嫁』(2009年)の廣木隆一監督。その緻密な演出力は、先生と子どもたちが対面するシーンから遺憾なく発揮されている。撮影本番まで先生と子どもたちの顔合わせは一切無し。手と足のない先生を初めて目の当たりにしたときの、子どもたちの驚きや戸惑いといった自然な表情がカメラにおさめられた。
さらに元JUDY AND MARYのYUKIが作詞を手掛け、TOKIOと初コラボが実現した主題歌「手紙」が、エンディングを優しく包み込む。
●ストーリー
松浦西小学校の新学期の始業式――5年3組の担任としてやってきたのは、手と足のない先生でした!
生まれつき手足がない赤尾先生と、その補助教員の白石先生。幼なじみでもある2人は、お互いに悩み、助け合いながら、個性豊かな28人の子どもたちに真正面からぶつかっていく……。
●キャスト・スタッフ
出演:国分太一(主演)、乙武洋匡
監督:廣木隆一『余命1ヶ月の花嫁』、『ヴァイブレータ』
原作:乙武洋匡「だいじょうぶ3組」講談社刊
脚本:加藤正人『クライマーズ・ハイ』『孤高のメス』
製作:「だいじょうぶ3組」製作委員会
製作プロダクション:東宝映画
(C)2013「だいじょうぶ3組」製作委員会
『だいじょうぶ3組』
3月23日(土)全国東宝系ロードショー
→『だいじょうぶ3組』の記事を探す