MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ダコタ・ファニング主演『17歳のエンディングノート』邦題&公開決定

余命を宣告された17歳の少女が、いよいよ“その時”が近いことを知ると、親友と一緒に残り9ヵ月で一生分の経験をするための「TO DOリスト」を作り上げる。“SEX”や“DRUG”など危険な事柄に満ちたリストを一つづつ実行していく中で、テッサは生きる意味と素晴らしさに気づいていく……。
ダコタ・ファニング主演『17歳のエンディングノート』公開決定!

17saiendingnote1.jpg


ハリウッドでキャリアを重ね、天才の名を欲しいままにしてきたダコタ・ファニングと、『戦火の馬』で抜擢されたイギリスのホープ、ジェレミー・アーヴァインの瑞々しい共演が光る、10代の危うさが切なく愛しいトゥルーラブ・ストーリーが登場!
『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』などで脚本家として活躍するオル・パーカーがベストセラー小説を元に脚本と監督を手掛けた。
本作の公開と邦題が、『17歳のエンディングノート』ゴールデンウィーク新宿武蔵野館ほか全国ロードショーと決まりました。

17saiendingnote2.jpg

私は9ヵ月で一生分、生きる。
余命を宣告された少女テッサは、自分が何者にもなれないと知り、自宅で引きこもり生活を送っていた。
会社を辞めて治療法探しに奔走する父親、現実を受け止められず看病できない母親に「なんであたしより弱いの!」とキレながらも、どうすれば生きている実感を得られるのか考えていた。
17歳になり、いよいよ“その時”が近いことを知ると、親友と一緒に残り9ヵ月で一生分の経験をするための「TO DOリスト」を作り上げる。“SEX”や“DRUG”など危険な事柄に満ちたリストを一つづつ実行していく中で、テッサは生きる意味と素晴らしさに気づいていく。

17saiendingnote3.jpg

出演:ダコタ・ファニング ジェレミー・アーヴァイン パディ・コンシダイン オリヴィア・ウィリアムズ
監督・脚本:オル・パーカー
原作:ジェニー・ダウンハム『16歳。死ぬ前にしてみたいこと』(PHP研究所)
配給:キノフィルムズ
(C)2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.
『17歳のエンディングノート』
ゴールデンウィーク、新宿武蔵野館ほか公開!
→『17歳のエンディングノート』の記事を探す
→ダコタ・ファニングの記事を探す