MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『フライト』デンゼル・ワシントン&ロバート・ゼメキス監督来日決定!

アフリカ系アメリカ人俳優として 史上初の3度目の受賞に期待高まる!
デンゼル・ワシントン&ロバート・ゼメキス監督 アカデミー賞発表直前に来日決定!
名匠ロバート・ゼメキスと名優デンゼル・ワシントンの最強のタッグが贈る、衝撃と感動の物語『フライト』。公開に先立ち、本年度アカデミー賞<主演男優賞>にノミネートされたデンゼル・ワシントンと、ロバート・ゼメキス監督の来日が決定しました。

flight1.jpg


主演のデンゼル・ワシントンは、その卓越した圧倒的な演技力で、ゴールデン・グローブ賞<ドラマ部門・主演男優賞>や、 ブロードキャスト映画批評家協会賞、アメリカ映画俳優組合賞のほか全米各地で16の賞に続々ノミネートされ、6度目のノミネートで3度目のアカデミー賞受賞(主演男優賞&助演男優賞含め)となるかどうか大いに注目されております。受賞すれば、最多タイ記録(主演男優賞)、アフリカ系アメリカ人俳優としては史上初となります。
本作で、『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994年)以来、12年ぶりに実写作品を監督したロバート・ゼメキスはデンゼル・ワシントンについて、「彼は、脚本家の意図を正確に読み取り、忠実に演じ切れる役者。現場で、彼の演技のすべての瞬間に驚いた。いつも素晴らしすぎて、信じられないくらい。本作での楽しみはデンゼルの演技を観ることだった」とコメント。
一方、デンゼル・ワシントンも「役者のことをよく理解している監督と仕事ができるのは本当に素晴らしい経験。 ゼメキスは間違いなく僕が信頼するキャプテンだったよ。」と、オスカー受賞俳優と監督の互いに引き寄せる“信頼の絆の強さ”が伺える。

flight2.jpg

デンゼル・ワシントンは『サブウェイ123 激突』(2009年)以来5度目、ゼメキス監督は『Disney’s クリスマス・キャロル』(2009年)以来ともに4年ぶりの来日。
また『メン・イン・ブラック』シリーズや『ターミナル』などを手掛けたハリウッドのヒット・メイカー、ウォルター・F・パークスと ローリー・マクドナルド(ウォルター夫人)、『キャスト・アウェイ』『リアル・スティール』などを手掛けたジャック・ラプケら プロデューサー陣も一緒に来日いたします。
本作、『フライト』は3月1日(金・映画ファーストデー)より全国にて公開です。

flight3.jpg

●『フライト』
多くの命を救った、高度3万フィートからの奇跡の緊急着陸。
彼は英雄か、犯罪者なのか?
アカデミー賞最有力、衝撃と感動の話題作。
男は一夜にして、ヒーローになった。フロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機が原因不明の急降下、ウィトカー機長は草原への緊急着陸に成功し多くの乗客の命を救う。それは、どんな一流パイロットにも不可能な、まさに奇跡の操縦だった。
マスコミがウィトカーの偉業を称え、彼は一躍、時の人となる。ところが、ある疑惑が浮上する。彼の血液中からアルコールが検出されたのだ。ヒーローは一夜にして地に堕ちた。
あの時、機内で何が起きたのか?
様々な人の人生を巻き込みながら語られる、衝撃の事実とは?
人生の闇にのみ込まれた男が、本当の栄光とは何かを見出すまでの魂の軌跡を描き出す。デンゼル・ワシントンの圧倒的な演技力が光る感動のドラマ。
配給:パラマウント ピクチャーズ
(C)2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
『フライト』
2013年3月1日(金・映画ファーストデー)より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!
→『フライト』の記事を探す
→デンゼル・ワシントンの記事を探す
→ロバート・ゼメキスの記事を探す