MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

史上もっとも危険なギャングに立ち向かうL.A.市警『L.A. ギャングストーリー』

ギャング史上もっとも危険なボスと言われるギャングのボス、ミッキー・コーエン。
発展しようとしている街を取り戻そうとしたのはL.A.市警の“はぐれ者たち”から構成された極秘チーム……。
『L.A. ギャングストーリー』

lagangstory1.jpg


ロサンゼルス、1949年。ニューヨークのブルックリン生まれギャングのボス、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)は、麻薬、銃、売春、そして―― 手段さえあれば何でもするという勢いでこの街を牛耳り、さらにはシカゴから西の広い地域の賭博も仕切っている。そしてそんな彼の活動を守っているのは、彼自身が雇っている手下だけでなく、首根っこを押さえこんでいる警察や政治家たち。
コーエンの勢力は、街で鍛え上げられた、極めて勇敢な刑事でさえ怖気づくほどだ……例外はおそらく、ジョン・オマラ巡査部長(ジョシュ・ブローリン)とジェリー・ウーターズ巡査部長(ライアン・ゴズリング)率いるL.A.市警の“はぐれ者たち”から構成された少人数の極秘チームだけ。コーエンの帝国をぶち壊すために集られた“最強部隊”である。

lagangstory2.jpg

ルーベン・フライシャー監督(『ゾンビランド』)による『L.A. ギャングストーリー』は、ギャング史上もっとも危険なボスと言われる男から、発展しようとしている街を取り戻そうとしたL.A.市警をめぐって実際に起きた出来事をスタイリッシュに再現している。
主演は、オスカーにノミネートされたジョシュ・ブローリン(『ミルク』『トゥルー・グリット』)とライアン・ゴズリング(『Half Nelson』、『ドライヴ』)がロサンゼルス市警察のジョン・オマラ巡査部長とジェリー・ウーターズ巡査部長を、そして、実在した大物ギャング、 ミッキー・コーエン役を米アカデミー賞受賞のショーン・ペン(『ミスティック・リバー』、『ミルク』)が演じている。
また、アカデミー賞ノミネートのニック・ノルティ(『Warrior(原題)』、『白い刻印』)がロサンゼルス市警察署長ウイスキー・ビル・パーカーを、エマ・ストーンがコーエンの愛人でありウーターズが想いを寄せる女性グレース・ファラデーそれぞえれ演じる。
犯罪多発地域の巡回を物ともしないナイフ使いの警官コールマン・ハリスにアンソニー・マッキー(『アジャストメント』)。息子の自転車修理と同じくらい、ハイテク機器をいじることに喜びを感じている、電機のエキスパート、コンウェイ・キーラーにジョヴァンニ・リビシ(『アバター』)、オルベラ・ストリートの巡回を担当する敏腕警官マックス・ケナード巡査にロバート・パトリック(『父親たちの星条旗』)、ケナードの相棒である熱血漢ナヴィダッド・ラミレスにマイケル・ペーニャ(『バトル・ オブ・ロサンゼルス』)、オマラの妻コニーにミレイユ・イーノスが脇を固めている。

lagangstory3.jpg

●出演
ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、エマ・ストーン、アンソニー・マッキー、ジョヴァンニ・リビシ、マイケル・ペーニャ、ロバート・パトリック、ミレイユ・イーノス
●スタッフ
監督:ルーベン・フライシャー
脚本:ウィル・ビール
製作:ダン・リン、ケヴィン・マコーミック、マイケル・タッドロス
製作総指揮:ルーベン・フライシャー、ポール・リバーマン、ブルース・バーマン
R-15/アメリカ/上映時間:113分
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
『L.A. ギャングストーリー』
2013年5月3日(金・祝)丸の内ルーブル他全国ロードショー
→『L.A. ギャングストーリー』の記事を探す