MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ある海辺の詩人-小さなヴェニスで-』邦題&公開決定!

イタリア・アカデミー賞(ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞)主演女優賞受賞
ヴェネチア国際映画祭 FEDIC特別賞(イタリア・シネクラブ賞) 受賞
セビリアヨーロッパ映画祭 Eurimages賞受賞/ヨーロッパ評議会 ラックス賞受賞
ロンドン映画祭 サタジット・レイ賞受賞/レイキャビク国際映画祭 ディスカバリー賞受賞
テトゥアン地中海国際映画祭 主演男優賞、新人賞受賞/レチェ・ヨーロッパ映画祭 マリオ・ベルダン賞受賞
『ある海辺の詩人-小さなヴェニスで-』

aruumibe.jpg


2012年イタリア・アカデミー賞(ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞)、2011年ヴェネチア国際映画祭FEDIC賞をはじめ数多くの映画賞を受賞し、各国の評論家や観客を魅了、日本でも2012年イタリア映画祭で『シュン・リーと詩人』というタイトルで上映され好評を博した『IO SONO LI』の邦題が『ある海辺の詩人~小さなヴェニスで~』に決定し、2013年3月シネスイッチ銀座他にて全国順次公開されることが決定しました。
シュン・リーを演じるのは2006年ヴェネチア国際映画祭グランプリを受賞した『長江哀歌』のチャオ・タオ。べーピ役には『M:I-2』『バットマン ビギンズ』など多くの作品で世界的に活躍しているラデ・シェルベッジア。この春、最高に美しく儚い“出会いと別れ”の物語で、あなたの心に温かいあかりをそっと灯します。
●ストーリー
“小さなヴェニス”と呼ばれる、ラグーナ(潟)に浮かぶ美しい漁師町―キオッジャ。中世さながらの建物が並び、石橋、石畳、様々な漁船が行き交う運河、漁具を担ぐ男たちの姿など、素朴な雰囲気をもった町である。そこに佇む小さな酒場“オステリア”には毎晩のように地元の男たちが集まり、町で生きる人々の心の拠りどころになっていた。
そんなオステリアで出会った、べーピとシュン・リー。異国の地からやってきた二人はお互いの孤独を美しい詩を通して分かち合い、次第にかけがいのない大切な存在となっていく。しかし、古くからの人々が住む小さな町では、突然異国から来たシュン・リーとの交流は受け入れられず、べーピは心の拠りどころを失ってしまう。
時が過ぎ、シュン・リーが久しく訪ねてきたキオッジャにべーピの姿はなく、残されていたのはべーピからの胸を打つ想いが詰まった最後の優しい手紙であった―。
監督・原案・脚本:アンドレア・セグレ
出演:チャオ・タオ、ラデ・シェルベッジア、マルコ・パオリーニ、ロベルト・チトラン、ジュゼッぺ・バッティストン
2011年/イタリア、フランス/イタリア語/98分/シネスコ/ドルビーSRD/日本語字幕:岡本太郎/原題:IO SONO LI
配給:アルシネテラン
(C)2011 Jolefilm S.r.l.- Aternam Films S.a.r.l – ARTE France Cinema
『ある海辺の詩人-小さなヴェニスで-』
2013年3月、シネスイッチ銀座他 全国ロードショー
→『ある海辺の詩人-小さなヴェニスで-』の記事を探す