MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

世紀のヒロインが甦る!『アンナ・カレーニナ』邦題&初日決定!

Anna Karenina 邦題『アンナ・カレーニナ』
邦題&公開日決定
ロシア文学の最高峰とも言われる、トルストイ究極のラブストーリーを、キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソンという錚々たる顔ぶれで現代に甦らせた映画「Anna Karenina」の邦題が、この度『アンナ・カレーニナ』に決定し、2013年3月29日(金)TOHOシネマズ 日劇他にて全国ロードショーされることになりました。


●ストーリー
ロシア文学の最高峰、トルストイ不朽の名作を堂々映画化。
キーラ・ナイトレイ × ジュード・ロウ
時代を駆け抜けた、美しくも激しい運命の愛が、現代に甦る――。
19世紀末のロシア。満ちあふれる美貌を持ち、政府高官のカレーニン(ジュード・ロウ)の妻であるアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)はサンクト・ペテルブルクの社交界の華。
ある日彼女はモスクワへと旅立つ途中で、騎兵将校のヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソン)と出会う。一目で惹かれあう2人。必死で平常心を保とうとするアンナだが、舞踏会で再会した2人は、もう情熱を止めることができなかった。
アンナは欺瞞に満ちた社交界と家庭を捨て、ヴロンスキーとの破滅的な愛に溺れていく――。
文豪トルストイの傑作を、ジョー・ライトの斬新で大胆で絢爛豪華な演出で一新。その迫力が観る者を圧倒する、究極の愛の物語。
監督:ジョー・ライト『プライドと偏見』『つぐない』
脚本:トム・ストッパード『恋におちたシェイクスピア』
出演:キーラ・ナイトレイ『パイレーツ・オブ・カリビアン』、ジュード・ロウ『シャーロック・ホームズ』、アーロン・テイラー=ジョンソン『キック・アス』
振付け:シディ・ラルビ・シェルカウイ
配給:ギャガ
(C)2012 Focus Features LLC. All rights reserved. photography by Eugenio Recuenco
『アンナ・カレーニナ』
3月29日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開!
→『アンナ・カレーニナ』の記事を探す