MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ジャンゴ 繋がれざる者』インディアナ映画ジャーナリスト協会賞監督賞受賞

ゴールデン・グローブ賞ノミネート、AFI、ナショナル・ボード・オブ・レビュー受賞に続き、賞レースで話題沸騰中!!
クエンティン・タランティーノ監督最新作
『ジャンゴ 繋がれざる者』
インディアナ映画ジャーナリスト協会賞
セントルイス映画批評会協会賞
オースティン映画批評会協会賞
アフリカン・アメリカ映画批評家協会賞
FAAAFブラック・リール賞(6部門ノミネート)
現地時間12月17日(月)にインディアナ映画ジャーナリスト協会賞の各賞が発表され、監督賞に『ジャンゴ 繋がれざる者』(2013年3月1日日本公開)のクエンティン・タランティーノ監督が選ばれました。さらに本賞では、監督賞の他に作品TOP10、助演男優賞次点にクリストフ・ヴァルツ、脚本賞次点にクエンティン・タランティーノ、オリジナルヴィジョン賞に本作が選出されています。


その他、セントルイス映画批評家協会賞では、クリストフ・ヴァルツの助演男優賞と音楽賞を受賞、監督賞と脚本賞のそれぞれの次点にクエンティン・タランティーノが選出され、オースティン映画批評家協会賞では作品TOP10とクリストフ・ヴァルツが助演男優賞を受賞、アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞ではTOP10に選出され、FAAAFブラック・リール賞では、作品賞、ジェイミー・フォックス主演男優賞、サミュエル・L・ジャクソン助演男優賞、ケリー・ワシントン助演女優賞、アンサンブル賞、主題歌賞の6部門にノミネートされています。
先日のゴールデン・グローブ賞では、作品賞(ドラマ部門)を筆頭に、助演男優賞レオナルド・ディカプリオとクリストフ・ヴァルツの二人がダブルノミネートを果たし、更にクエンティン・タランティーノが監督賞、脚本賞と4部門に5つの名を連ねており、アカデミー賞に向けてますます期待が高まります。全米では12月25日クリスマスを前に、多くの人が本作の公開を待ちわびています。
●『ジャンゴ 繋がれざる者』これまでの主な受賞
・ゴールデングローブ賞(ノミネート):作品賞(ドラマ部門)、レオナルド・ディカプリオ&クリストフ・ヴァルツ助演男優賞、クエンティン・タランティーノ監督賞、クエンティン・タランティーノ脚本賞
・ナショナル・ボード・オブ・レビュー:レオナルド・ディカプリオ助演男優賞
・アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI):TOP10
・ボストン・オンライン映画批評家協会賞:TOP10
・ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞:TOP10、音楽/作曲賞
・サンディエゴ映画批評家協会賞:クリストフ・ヴァルツ助演男優賞
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョナ・ヒル
原題:DJANGO UNCHAINED
全米公開:2012年12月25日
公式HP:http://www.django-movie.jp/
Facebook:http://www.facebook.com/django.movie.JP
Twitter:https://twitter.com/django_movie_JP #ジャンゴ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『ジャンゴ 繋がれざる者』
2013年3月1日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー!
→『ジャンゴ 繋がれざる者』の記事を探す