MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『LOOPER/ルーパー』メンタリストDaiGoがCM初出演!

『LOOPER/ルーパー』メンタリスト DaiGo がCM初出演!
驚異のメンタリズムパフォーマンス生披露!
CMオピニオン就任発表会見イベント
ブルース・ウィリス×ジョセフ・ゴードン=レヴィット初競演の新たなSFアクションエンタテインメント『LOOPER/ルーパー』(ギャガ、ポニーキャニオン配給)が2013年1月12日(土)より公開されます。独創的な先の読めないストーリーに世界中で話題沸騰の中、この度、本作のCMナレーションに“先読みのエキスパート”であるメンタリストDaiGoが挑戦しました。
CM撮影を終えたばかりのDaiGoは登場後に開口一番「初のCM(撮影)でどうしたらいいか…」と緊張気味で挨拶。本作について聞かれると「元々SF作品が好きなので、しっかりと作りこまれたLOOPER/ルーパーはとても面白かった。これは“よくあるSF映画”ではないです!」と興奮気味にストーリーを語り、危くネタばれしてしまいそうな場面も。


また、“先読みのエキスパート”として展開を読めたのかという質問に対しては、「僕は表情は読めるけど未来は読めないんですよ」「色々な要素から先を読みすぎた結果、最後思いっきり騙されました。完敗です!」と正直な気持ちを漏らし、「タイムトラベルが可能だとしたら、どの時代に行って、何をしたか?」との質問に関しては「今まさに未来の選択を迷っている時なので、どっちかっていうと未来の成功した自分に会いに来てもらい、アドバイスを貰いたい(笑)」とコメント。加えて「もし過去に行けるなら今年亡くなった母に会って、お礼を述べたいです」と、母への強い想いを口にしていました。
なお、モニター映像をみながらの実演もこなしたDaiGoは、今回CM初出演となることに対して「さすがの僕も緊張しました。(『LOOPER/ルーパー』は)オチを想像させ、それを裏切る面白さがある。これはある意味メンタリズムです。こうした作品の良さが僕のPRの仕方で左右されることは責任重大ですからね」と答えていました。
そして、CM実演後は驚異のメンタリズムパフォーマンスを披露。軽々とフォーク曲げを行ったかと思えば、透視パフォーマンスでは、MCによりランダムに指名された取材陣(女性)の選んだブルース・ウィリスのお面の色を2度にわたって当て、会場は驚愕・感嘆の声に包まれました。登場時の緊張な様子とは打って変わって、「彼女はこだわりが強く、自分で決めたことはなかなか曲げない」と自信満々に性格分析までして透視パフォーマンスを成功させました。
最後に、「何よりオチの意外性が面白い。普段は騙す職業の僕が、今回は騙されました。1度目に騙されて、2度目に自分を騙したストーリーの緻密さを楽しむ。何度も観てほしい映画ですね」と語り、曲がったフォークを持ちながらクールな表情を決め、イベントは終了いたしました。
●ストーリー
ルーパー:未来の犯罪者を消す職業
標的は必ず消す。30年後の自分であっても。
近未来―タイムマシンは開発されていたが、その使用は禁じられ、犯罪組織のみが悪用していた。彼らは、証拠を残さず敵を消し去りたいとき、30年前に転送する。“ルーパー”と呼ばれる暗殺者の元へ――。
凄腕ルーパー、ジョーの元に、ターゲットの抹殺指令が入る。それは、いつも通りの単純な仕事のはずだった。だが、送られてきたのは“30年後の自分”。引き金を引くことを躊躇ったジョーの不意をつき、未来から来た“自分”は街へと消えていく。
「奴を殺さなければ、自分が消される!」必死に追跡する現代のジョー。ようやく未来の“自分”を追い詰めたとき、彼がこの時代へ来た、驚くべき理由が明かされる。男が過去にまで来て変えようとしているものとは?
謎多き未来の独裁者“レインメーカー”とは一体―?
監督・脚本:ライアン・ジョンソン『BRICK』『ブラザーズ・ブルーム』
出演:ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット『ダークナイト ライジング』『インセプション』、エミリー・ブラント『プラダを着た悪魔』 ほか
配給:ギャガ、ポニーキャニオン
提供:ポニーキャニオン、ギャガ
(C)2012 LOOPER DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
『LOOPER/ルーパー』
2013年1月12日(土)丸の内ルーブル他 全国ロードショー
→『ルーパー』の記事を探す