MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

映画『逃走車』邦題決定! 世界“最速”公開!

『ワイルド・スピード』シリーズで、一躍ハリウッドのトップスターのひとりとなったポール・ウォーカーが主演を務め、エグゼクティブプロデューサーも兼務する最新作『VEHICLE19』の邦題が『逃走車』に決定し、2013年2月23日(土)に全世界に先駆け世界最速公開されることになりました!

tososya.jpg


監督・脚本はムクンダ・マイケル・デュウィル。
南アフリカ出身の監督が母国を代表するスタッフを集結させ、世界一危険な街ヨハネスブルグを舞台に、迫真のリアル・カーアクションの傑作を誕生させました。
ポール・ウォーカーがスタントなしでほぼすべてにわたり自らハンドルを握り挑む本作は、冒頭からエンディングまで、全編“車載カメラ”の視点で構成、まるで自分も助手席に乗っているかのような、かつてないリアリティの未体験映像で描かれる、史上初、“観客体感型”サスペンス・カーアクションです。
レンタカーの配車間違いで、秘密を抱えた女を乗せてしまったことから、国家を揺るがす重大事件に巻き込まれる普通の男の、降りたくても降りられない衝撃のリアル・ソリッド・カーアクションは、この冬、日本中を逃爆走のスピードの旅へと誘います。
●ストーリー
マイケルは、別れた妻に会いに南アフリカ共和国のヨハネスブルグへたどり着く。予約と違うレンタカーが手配されたが、先を急ぐマイケルは、その車で妻の元へ向かう。
そんな中、車中にあった見知らぬ携帯電話が鳴り、刑事と名乗る男から、配車は間違いで交換するように言われる。戸惑うマイケルは、座席の下から拳銃、トランクから縛られた謎の女を発見する。そして、マイケルは訳が分からないまま指名手配され、車は突如襲撃をされ始める。
混乱しながらも世界最凶の都市を爆走するマイケルに、その女は、自分がある重大事件の証人だと打ち明けはじめる・・・。誰が敵で、何が真実なのか?
彼はこの絶体絶命のピンチから、女を、秘密を守り、無事逃げきれることはできるのか!?
監督・脚本:ムクンダ・マイケル・デュウィル
出演:ポール・ウォーカー、ナイマ・マクリーン、ツシェポ・マセコ、ジス・デ・ヴィリアーズ
製作:ライアン・ハラダイン、ピーター・サフラン
音楽:ダニエル・マッテー&ジェームズ・マッテス
撮影:マイルス・グドール
2012年/アメリカ/原題:Vehicle 19/85分
/日本語字幕:松崎広幸
(C)2012 Vehicle 19 Films CC
『逃走車』
2013年2月23日(土) 新宿ミラノ 他ロードショー
→『逃走車』の記事を探す