MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

「大人女子のアニメタイム」第2弾放送決定!

直木賞作家の短編をアニメ化した「大人女子のアニメタイム」。好評につき第2弾放送決定!
BSプレミアム 2013年3月 放送予定!
中谷美紀、木村多江、中越典子が多彩な「女」を演じます!
●大人女子のアニメタイムとは?
日本を代表する女性作家たちの短編小説を、今をときめく女優が演じる美しいアニ メーション、それが「大人女子のアニメタイム」。
文学とアニメーションが融合した世界の中で、大人の女性が一人の「女子」に戻って、人生をみつめ、心を満たし、ドキドキする、とっておきの時間をお届けします。
2011年1月に総合テレビで放送した、第1弾の唯川恵 原作『川面を滑る風』が好評だったことから、今回、第2弾として、角田光代、山田詠美、山本文緒の3人の直木賞受賞作家の短編を新たにアニメ化し、全3作のオムニバス・ストーリーとして、BSプレミアムで放送します。


●中谷美紀、木村多江、中越典子、超一流女優が多彩な「女」を演じる!
今回の3作品で主人公の声優を務めるのは、中谷美紀、木村多江、中越典子という日本を代表する女優陣。女性層から根強い人気を誇る実力派女優が、ときに切なく、ときにコミカルに、女性の心の機微を演じ分けます。
●女優陣のパートナーは実力派男性声優がズラリ!
それぞれの物語のキーとなるのは、主人公の女性の夫や息子、あるいは不倫相手や初恋の人など、個性的な男たち。神谷浩史、浪川大輔、福山潤、日野聡といった人気・実力を兼ね備えた男性声優が、豪華女優陣のパートナーとして、物語を彩ります。
●女性の感性に響くアニメ映像
作風も個性も異なる短編小説をアニメ化することから、キャラクターデザインや美術デザインも作品ごとに一つ一つ設定。さらに、美味しそうな料理を描くために、実際の食材を撮影したり、チャーミングなアクセサリーやインテリアを随所にちりばめたり、大人の女性が“リアル”を感じながら、物語の世界に引き込まれる映像づくりをめざしています。
●各話概要(25分×3話)
・『人生ベストテン』
原作:角田光代
脚本:吉田玲子
声の出演:中谷美紀
これは・・・まさかの同窓会恋愛!?
鳩子は40歳の誕生日を目前に控えた独身のキャリアウーマン。けっこうイケてるはずなのに、恋も仕事もパッとしない。
鳩子にとって、今のところの「人生のハイライト」は中学2年生の夏。好きな男子に告白し、一度だけキスをした「あの夏」を今もふりかえってばかりいる。
そんな彼女のもとに中学校の同窓会の案内が舞い込む。そして、同窓会当日、鳩子はファーストキスの彼に20数年ぶりの再会を果たすのだが・・・。
揺れ動くアラフォー女子の気持ちを切なく、コミカルに描いた物語。
・『どこかではないここ』
原作:山本文緒
脚本:今井雅子
声の出演:木村多江
何がいけなかったのかわからない。
ベストを尽くしてきたつもりなのに―――
43歳主婦の真穂。パート、家事、実母の相手、そして昼寝するだけで過ぎていく日々には、生きている実感がない。夫はリストラされ、息子にナメられ、思春期の娘には生き方を否定されたあげく、家出される。
生活を支えるためのパート先では、年下の上司に言い寄られ、トラブルに巻き込まれる。うつろに漂うように生きてきた主人公が、母親や娘との関係を見直し、自分なりの一歩を踏み出す物語。
・『夕餉(ゆうげ)』
原作:山田詠美
脚本:金春智子
声の出演:中越典子
私は 男に食べさせる
人もうらやむ恵まれた結婚をしたはずなのに、心が満たされず自分の居場所を見つけられない人妻・美々。30代を目前に家を飛び出し、ある夏の日に出会った若い清掃員と駆け落ち同然に暮らし始める。
そして、彼女の料理を「うまい」と言って食べる男の存在によって、自分の生きることの意味を生れて初めて見い出す。
食と生と性が織りなす、官能的な恋愛物語。
→『大人女子のアニメタイム』の記事を探す
→アニメニュースはこちら