MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

神山監督『009 RE:CYBORG』続編を示唆? トークショー開催

映画『009 RE:CYBORG』大ヒット御礼のトークショーイベント
神山監督&石井プロデューサーがマル秘エピソード連発!!
リピーター続出!
トーク会場にも、9回目の鑑賞のお客様が!
全国公開中『009 RE:CYBORG』では、現在<大ヒット御礼!00“9”回連続キャンペーン>を展開中です。すでに第1弾として来場者様に原作&最新作のイラストが両面に描かれた、特製トレーディングカードプレゼントしており、大変ご好評をいただいております。
今回、第2弾のキャンペーンとして新宿バルト9において「監督、神山健治が語る『009 RE:CYBORG』の世界」として作品の全てに携わってきた神山健治監督と石井朋彦プロデューサーが登壇してのトークイベントが開催されました。
トークショーではマル秘エピソードが繰り広げられ、満席、大盛況のうちに終了いたしました。

009recyborg17.jpg


日時:11月20日(火) 21:30~(19:40の回、上映終了後)
会場:新宿バルト9/シアター5
登壇者:神山健治監督、石井朋彦プロデューサー
●3Dの映像に魅せられたリピーターのお客様が多数来場!
会場の熱気に、神山監督&石井プロデューサーもマル秘トークを展開!!
リピーター御礼キャンペーンの第2弾として、神山健治監督と石井朋彦プロデューサーの登壇トークショーが開催された。今回、『009 RE:CYBORG』の国内キャンペーンで二人が一緒に登壇して作品を語る初のトークショーとなった。
作品の全てに携わって来た二人が初めて登壇者としてトークをかわすイベントとあって、大勢のファンが駆けつけた。
・約9割の観客が2回以上のリピーター! 最多は9回
石井プロデューサーが観客に2回以上観た人がいるかを聞いたところ、集まった観客の9割近い人々が2回以上観ており、最高回数のお客様は9回と、関係者一同が驚く結果となった。
イベントの終盤には観客とのティーチイン(Q&A)も行われ、「シーンの途中でキャラクターの顔が変わったような気がした」や「セルルックの映像の技術をテレビシリーズでも使えるのか」などコアなファンからの技術的な質問が殺到。
神山監督と石井プロデューサーは、作品で追求した「観やすい3D」のすごさを説明するため、世界的に3D映画を認知させたハリウッド作品や某トランスフォームするロボット映画などを例に挙げると、劇場内は拍手に沸いた。
最後に今後もこのようなイベントの中で、新しい情報を届けていきたいと石井プロデューサーからコメントがあり、これからのイベントにも期待が集まった。

009recyborg2.jpg

●神山健治監督コメント
『サイボーグ009』という歴史の長い作品で、大勢のファンがいて、これだけ多くの方が何度も見てくれているということがとても嬉しい。たくさんの方が応援してくだされば、今後、何か別の形で展開できる可能性はあると思います。今回あまり活躍できていないキャラクターも登場させたいと思います。
●石井朋彦プロデューサーコメント
初めての「3D体験」を目指した作品です。3D映画を見終わったあとの3D酔いや目の疲れがない映像で、新しい映像体験ができるものになったと思います。今回、日本での好評を受け、ピクサー、ドリームワークスから連絡があり、スカイウォーカーサウンドでの試写も予定しています。ぜひとも多くの人に今回の映像を楽しんでもらえればと思います。

配給:Production I.G/ティ・ジョイ
(C)2012「009 RE:CYBORG」製作委員会
『009 RE:CYBORG』
全国大ヒット公開中!(2D/3D)
→『009 RE:CYBORG』の記事を探す
→アニメニュースはこちら