MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『009 RE:CYBORG』アニメ・フェスティバル・アジアでトークショー開催

東南アジア諸国の神山健治ファン大集結!
大ヒット公開中『009 RE:CYBORG』
アニメ・フェスティバル・アジア(AFA)にて神山健治監督トークショー開催!
大ヒット公開中『009 RE:CYBORG』(神山健治監督)はアジア4ヵ国(香港、台湾、韓国、シンガポール)での公開が決定しています。その1ヵ国であるシンガポールにて、アジア最大級の規模の日本のポップカルチャーイベント、アニメ・フェスティバル・アジア(AFA)が開催されました。映画以外にも、数多くのアニソンを歌う様々な歌手なども集合し、シンガポール国内だけではなく、東南アジア中のアニメファンが集まりました。
11月11日(日)には神山健治監督と本作のアニメーション・プロデューサーをつとめたサンジゲンの松浦裕暁氏のトークショーが行われました。

009recyborg16.jpg


●アジア公開に先立ち、神山監督アジア最大アニメフェスティバルに登場!
日時:11月11日(日)
会場:サンテック・コンベンション・エキシビジョン
登壇者:神山健治監督、アニメーション・プロデューサー 松浦裕暁氏(株式会社サンジゲン)
東南アジアでのイベント参加は今回、初めてだという神山監督は、1年間、一緒に制作をしてきたサンジゲンの松浦氏と共に、東南アジア諸国から集まった神山健治ファンの前でトークショーを行った。今回、『009 RE:CYBORG』のアニメーション技術に関しては東南アジアの観客たちも興味深そうに聞く様子が伺えた。
最後には、主人公の決め台詞である「加速装置!」を会場一体で大合唱したりと、海外のファンからも大歓迎を受けたトークイベントであった。
トークショー終了後は、009特設ブースにて神山監督の特別サイン会を行い、海外のファンとの交流を楽しんだ。
シンガポールでは11月24日より『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D』、12月1日より『009 RE:CYBORG』の公開が決定している。その他の国としては、香港、台湾、韓国での公開が予定されている。
●登壇者コメント
・神山健治監督
アジアでも、多くのアニメーション、そして自作のファンが待っていてくれていた事に驚き、そして心から嬉しく思います。彼らが評価してくれる日本のアニメーションは、漫画を源流とする2Dのセルルック表現。3D技術を使ってセルルック表現を追求した『009 RE:CYBOG』が、アジアでどのように受け容れられるのか、楽しみでなりません。
・松浦裕暁氏
本作は、一切手描きを使用しない、フルCGアニメーションとして制作を手掛けているが、あくまでもセル・ルックなアニメテイストを作り出せることができたとおもっている。

配給:Production I.G/ティ・ジョイ
(C)2012「009 RE:CYBORG」製作委員会
『009 RE:CYBORG』
全国大ヒット公開中!(2D/3D)
→『009 RE:CYBORG』の記事を探す
→アニメニュースはこちら