MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

木下惠介生誕100年記念映画『はじまりのみち』キャスト決定!

主演の木下惠介役に加瀬亮。惠介の母・たま役は田中裕子。
さらに、ユースケ・サンタマリア、濱田岳 が出演!!
『二十四の瞳』『喜びも悲しみも幾年月』『楢山節考』など数々のヒット作を生み出し、盟友・黒澤明監督と共に、一時代を作った監督・木下惠介。
松竹では、木下惠介監督が生誕100年を迎える記念すべき今年、木下生誕100年プロジェクトを立ち上げ、多種多様な取り組みを展開しております。先日、そのプロジェクトの中核をなす、記念映画『はじまりのみち』を制作することを決定し、日本アニメ界の第一人者、原恵一の初実写映画作品として、監督・脚本を手掛けることを発表しました。

hajimarinomichi1.jpg


本作では、戦中、惠介が脳溢血で倒れた母を疎開させるために二台のリヤカーを用意し、一台に母を乗せ、もう一台は身の回りの品を積み、兄・敏三と便利屋と三人で山越えした、という木下監督の実話を軸に、血気盛んな映画青年として軍部に睨まれ、松竹を一時離れるきっかけとなった『陸軍』のエピソードを盛り込みつつ、戦争という時代のうねりに翻弄されながら、母を想う子、子を想う母の真実の愛の物語を描き出します。
制作を発表して以来、誰がキャスティングされるのか、注目を集めておりましたが、主要キャストが決定しました。
木下惠介を演じるのは、山田洋次監督や周防正行監督、北野武監督をはじめ、クリント・イーストウッド監督やガス=ヴァン・サント監督、アッバス・キアロスタミ監督など、日本に留まらず世界の巨匠からラブコールを受ける実力派俳優、加瀬亮。そして惠介の母、たま役には『天城越え』(三村晴彦監督)でモントリオール世界映画祭主演女優賞を受賞するなど、国内外で高い評価を得るとともに、1987年に木下惠介脚本の『二十四の瞳』(朝間義隆監督)の大石先生役も演じた実績のある、田中裕子が決定しました。
そして、惠介とともにリヤカーを引き山越えをする惠介の兄・敏三役には、『踊る大捜査線』シリーズでのレギュラー出演のほか、映画、舞台と幅広い活動をみせるユースケ・サンタマリア、便利屋役に『アヒルと鴨のコインロッカー』ほか主演作が相次ぎ、演技力に定評のある濱田岳がキャスティングされました。

hajimarinomichi2.jpg

手放しの人間賛歌ではなく、人間の美しさや醜さ、そして弱さと強さのありのままを肯定し、名もなき市井の人々の本当の姿を愛をもって見つめ続けた木下惠介監督。
その実像と木下監督の精神を、原恵一監督がどう描くのか、そして、日本映画界屈指の実力派俳優たちとのコラボレーションでどのような化学反応を起こすのか、ぜひご期待くださいますようお願い致します。
●物語
時は戦中。政府から戦意高揚の国策映画つくりが要求された時代。木下惠介が昭和19年に監督した『陸軍』は、その役割を果たしていないとして、当局から睨まれ、次回作の製作も中止させられてしまう。すっかり嫌気がさした木下は松竹に辞表を提出し、脳溢血で倒れた母、たまが療養している浜松市の気賀に向かう。失意の中、たまに「これからは木下惠介から木下正吉に戻る」と告げる惠介。
戦局はいよいよ悪化の一途をたどり、気賀も安心の場所ではなくなる。惠介は、山間の氣田に疎開することを決め、晩夏、一台のリヤカーに寝たままの母を乗せ、もう一台には身の回り品を乗せ、兄・敏三と、頼んだ「便利屋」と自分と三人で、夜中の十二時に気賀を出発し山越えをする。
十七時間休みなく歩き通し、激しい雨の中リヤカーを引く。ようやく見つけた宿で、母の顔の泥をぬぐう惠介。疎開先に落ち着いて数日後、たまは不自由な体で惠介に手紙を書く。そこにはたどたどしい字で「また、木下惠介の映画が観たい」と書かれていた。
11月クランクイン。2013年2月完成予定。撮影は、浜松ほかにてオールロケを予定。
配給:松竹
制作プロダクション:松竹撮影所
『はじまりのみち』
2013年6月1日(土)全国ロードショー
→『はじまりのみち』の記事を探す