MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『009 RE:CYBORG』加速装置オン! 新宿バルト9は満員御礼、大ヒットスタート!

Production I.G、ティ・ジョイ配給 映画『009 RE:CYBORG』
新宿バルト9は満員御礼、加速装置オン!!!

009recyborg2.jpg

天才・石ノ森章太郎の未完の傑作『サイボーグ009』『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズ、『東のエデン』の神山健治監督が挑んだ『009 RE:CYBORG』が、10月27日(土)に初日を迎え、 10月27日~10月28日の2日間累計で動員:41,901名、興行収入:69,815,300円という成績で好発進スタートしました。


●『009 RE:CYBORG』公開!
動員:41,901名、興行収入:69,815,300円(10月27日~10月28日の2日間累計、63スクリーン)
スクリーンアベレージ/1,108,179円(2D/3D併せて)
神山健治監督作品最大のヒットを記録し、9スクリーン公開で2億円を超える興行収入をあげた『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D』(初日2日間累計:動員11,768人、興収23,352,000円)と比べ、およそ3倍の興行収入を記録し、好発進スタート。
『攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』後、神山監督の新作を待ち続けた20~30代中心のファンから、往年の009ファンのシニア世代までの幅広い層に支持されている。
初日舞台挨拶では、サイボーグ戦士9人のキャストが揃い、盛り上がった新宿バルト9。
『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D』を超える2685人の動員を初日に記録し、全回満席となった。各都市でも幅広い支持を集めて、高いシアターアベレージとなった。公開2日間で、神山監督およびキャストが全国11劇場で舞台挨拶。

配給:Production I.G/ティ・ジョイ
(C)2012「009 RE:CYBORG」製作委員会
『009 RE:CYBORG』
全国大ヒット公開中!(2D/3D)
→『009 RE:CYBORG』の記事を探す
→アニメニュースはこちら