MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『009 RE:CYBORG』完成披露試写会にトップクリエイターが集結

10月27日公開『009 RE:CYBORG』の完成披露試写会が10月18日新宿バルト9にて実施された。2011年10月に製作が発表された『009 RE:CYBORG』が1年の時をかけ、遂に完成した。

009recyborg3.jpg

この話題作を観るためにこの日、集まったのは、アニメーション業界のみならず、永井豪や鈴木伸一、水野英子など今なお第一線で活躍する大御所漫画家や、クリエイター達で、セルルックでありながら、全編3DCGIで製作され世界初の長編アニメーションであるこの作品を一目見ようとアニメーション業界からも多くのトップクリエイターがかけつけた。


漫画家、クリエイターやアニメーターで埋め尽くされた劇場で舞台挨拶を行った神山健治監督は「僕らの世代には知らず知らずのうちに、石ノ森作品のヒーロー像が埋め込まれている。」と原作で、SF漫画の金字塔と言われる『サイボーグ009』に対する想いを語った。
また、舞台挨拶では1979年版の主題歌を歌った成田賢が登壇し、当時一世風靡し、今なお根強い人気を誇る「誰がために」を熱唱し、場内からは手拍子とともに温かい笑みがこぼれた。
最後に登壇した神山健治監督は「未完の傑作『サイボーグ009』の連載が途中になってしまってから、30年以上たち、自分なりにその空白を埋めるために制作してきました。今回、その空白を最新の3DCGI技術を使って誰も観たことのない映像に仕上げている。ぜひ、彼らの活躍をスクリーンで楽しんでほしい」と作品にかける自信を覗かせた。
実施日:10月18日(木) 16:00~18:30
舞台登壇者:神山健治監督、成田賢
当日来場者したおもな漫画家、クリエイター:富野由悠季、鈴木伸一、水野英子、永井豪、天野ひろゆき(キャイ~ン)
本編観賞後に寄せられたコメント:
富野由悠季『機動戦士ガンダム』シリーズ
「『アニメ映画』ではなく、『映画』としていい映画だった」
天野ひろゆき(キャイ~ン)
「みんなかっこよかった! なれるなら、グレート? ブリテンになりたい。
今回はかっこよくなって、毎回、進化しているから。実写化したら張々湖だろうけど!」
鈴木伸一、水野英子(石ノ森章太郎氏トキワ荘時代の仲間)
「時代が変われば、変わることもあるし、よかったと思う。」
原作:石ノ森章太郎
脚本・監督:神山健治
音楽:川井憲次
キャラクターデザイン:麻生我等
制作プロデューサー:松浦裕暁
製作プロデューサー:石川光久
プロデューサー:石井朋彦
上映:2D・3D併用
共同制作:Production I.G/サンジゲン

配給:Production I.G/ティ・ジョイ
(C)2012「009 RE:CYBORG」製作委員会
『009 RE:CYBORG』
10月27日(土) 2D/3D 全国公開
→『009 RE:CYBORG』の記事を探す
→アニメニュースはこちら