MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『劇場版 TIGER&BUNNY』3都市5劇場で舞台挨拶を敢行

『劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-』
大ヒット御礼舞台挨拶キャンペーン
2011年に大ヒットを記録したTVアニメ『TIGER&BUNNY』の劇場版第1弾、『劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-』。本作は「NEXT」と呼ばれる特殊能力者達が、スポンサーロゴを背負って街の平和を守るという異色の「ヒーロー」達の活躍を描き大ヒット上映中です。
大ヒットを記念して10月13日・14日に大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。メインキャスト平田広明さん、森田成一さん、そして米たにヨシトモ監督が、東京・大阪・名古屋の3都市5劇場を巡る舞台挨拶キャンペーンを敢行しました。

tigerandbunny-mv27.jpg


●舞台挨拶キャンペーン
10月13日(土)
・MOVIXさいたま:10時20分の回上映後
・T・ジョイ大泉:13時15分の回上映後
10月14日(日)
・大阪ステーションシティシネマ: 9時20分の回上映後
・梅田ブルク7:10時25分の回上映後
・ミッドランドスクエアシネマ:13時50分の回上映後
登壇:平田広明(鏑木・T・虎徹役) 森田成一(バーナビー・ブルックス Jr.役)
米たにヨシトモ監督
当日の舞台挨拶では世界に一つしかない特製TIGER&BUNNY Tシャツを着て、3人ともご登壇。舞台挨拶では森田さんがノリツッコミで挨拶するなど関西ならではの舞台挨拶を行いました。
舞台挨拶でMCより一番のお気に入りシーンを聞かれた平田さんは「虎徹と友恵の回想シーンカットで『約束』が流れる場面ですね。こんないい曲をバックに見せる優しい表情の虎徹は今まで見た事ないです。とっても好きなシーンです。」と劇場版で追加された新規カットが一番のお気に入りと答えていました。
TVシリーズと劇場版で違うところについて森田さんは「新規カットのシーンもあったので、この映画で初めて分かったキャラクター性もありました。バーナビーはクールキャラなのですが、今回の映画でさらにクール度が増したキャラクターを生み出すことができたと思います。」とキャラクターに新たな発見があったことを語り、米たに監督は今回の劇場版について「(TVシリーズの良さを)変えないように変えてない振りをしました(笑)。実際には細かく変わっていますが、大事なことを守っていくということに気持ちを向けていました。新作のシーンでも、不変なるT&Bワールドの中でうまく溶けていけるように細心の注意を払いました」と皆様に劇場版に向けた思いをお話しいただきました。
最後は観客の皆さんと「ありがとう!そして!ありがとう!」とスカイハイのセリフで掛け声をかけて、舞台挨拶は終了しました。

tigerandbunny-mv5.jpg

●登壇者コメント
平田さん:1年半前にスタートし、この作品を通して素晴らしいキャスト・スタッフに出会うことが出来ました。何より大勢のお客さんと知り合うことが出来たというのはとても幸せです。今後も『The Rising』に向けて、我々は勢いよく突っ走っていきたいと思います。『The Beginning』も新しい発見があると思いますので、何度も楽しんでいただけたらと思います。ありがとうございました。
森田さん:皆さんのおかげで満員御礼となっており、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。TV版からたった1年半で劇場版を作ることが出来て本当に嬉しいです。これは本当に皆さんのおかげです。僕たちもそれに負けないように皆さんがさらに誇れるような作品を『The Rising』でもやっていきたいと思います。本当にありがとうございます。
米たに監督:ここまで来れたのは、多くのファンの皆様に引っ張っていただいたからだと思っています。今は全身感謝の気持ちでいっぱいです。TIGER&BUNNYという名の大切な宝物を守るべく、『The Rising』も期待を裏切らないよう、スタッフ一同、丹精に作り込んでいきますので、引き続き応援よろしくお願いします!!
(C)SUNRISE/T&B MOVIE PARTNERS
『劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-』
大ヒット上映中!
→『TIGER&BUNNY』の記事を探す
→アニメニュースはこちら