MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『96時間』の激闘は新たな悪夢に……『96時間/リベンジ』

俺はかつてお前の息子を殺した。
娘を誘拐したからだ。
お前を殺しても、他の息子たちが、復讐に来るだろう。
だが、そいつらも殺す。
次に誰かがやってきても、同じことだ。
俺には闇のキャリアで身につけた特殊な能力がある。
たとえ、どんな手を使ってでも、娘も、妻も、俺が守る。
迷宮の街 イスタンブール。
悲しいほどの父の愛が、再び暴走を始める。
『96時間/リベンジ』

96jikan2.jpg

イスタンブールの街に張り巡らされた復讐の罠
世界に衝撃を与えた『96時間』の激闘は、新たな恐るべき悪夢に繋がっていた!


2008年、有名な原作も派手なCGもない1本のアクション映画が、世界中の観客に鳥肌が立つほどの衝撃を与えた。製作&脚本を兼任したリュック・ベッソンが、グローバル・マーケットに向けて放ったその映画『96時間』は、全米で初登場1位、9週連続トップテン入りという爆発的な反響を喚起。
日本でも予想をはるかに上回るスマッシュ・ヒットを飛ばし、DVDセル&レンタルが異例の好成績を記録した。その圧倒的な作品力がもたらす興奮は、コアなアクション映画好きから女性や年配層にまで拡大し、今やあの“ボーン”シリーズとともに2000年代のこのジャンルを代表する快作として広く認知されている。
『96時間』の最大のサプライズは、ありえないほど極端で魅力的な主人公ブライアン・ミルズのキャラクターにあった。普段は穏やかで娘を溺愛する親バカともいえる父親が、犯罪組織に誘拐された娘の奪還を誓った瞬間、何の躊躇もなく冷酷非情なタフガイに豹変。CIAの秘密工作員時代に習得した“特殊なスキル”を次々と繰り出し、群がる悪党どもをなぎ倒していく姿が、あらゆる観客を絶句させるとともに、その娘を思う親の気持ちへの共感をかき立てたのだ。
そんな前代未聞の破壊力&突破力でアクション映画の常識をも突き破った“無敵の父親”が、全世界の熱狂的なファンの声に応え、ついにスクリーンに帰ってきた!

●ストーリー
父親は絶望の中で立ち上がる。家族への愛を証明するために。
人身売買組織にさらわれた娘キムを救出するため単身パリに飛び、壮絶な闘いの末に目的を達成した元CIA秘密工作員ブライアン・ミルズ。ある日、元妻のレノーアが再婚相手との不仲に苦しんでいることを知ったブライアンは、彼女とキムを海外旅行に誘う。
トルコのイスタンブールで要人警護の職務を終えたブライアンは、ホテルのロビーでレノーアとキムを迎え入れ、親子3人の間に笑みが広がる。ところが翌日、キムの計らいでイスタンブールの名所のバザールにふたりだけで出かけたブライアンとレノーアに、不気味な影が忍び寄っていた。
2年前にパリでブライアンに息子たちを殺害され、怒りに燃える初老のアルバニア人、ムラドが用意周到な復讐計画を実行に移したのだ。はたしてブライアンは、別々の場所で命を脅かされている最愛のふたりを救う手立てはあるのだろうか……。
●スタッフ
製作:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
監督:オリヴィエ・メガトン
撮影監督:ロマン・ラクールバ
音楽:ナサニエル・メカリー
●キャスト
リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、ラデ・シェルベッジア
2012年 / アメリカ映画 / 上映時間:1時間32分 / シネマスコープ / ドルビーSR・SRD / 日本語字幕:松浦 美奈
配給:20世紀フォックス映画
(C)2012 EUROPACORP – M6 FILMS – GRIVE PRODUCTIONS
『96時間/リベンジ』
2013年1月11日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国ロードショー
→『96時間』の記事を探す
→リュック・ベッソンの記事を探す