MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

敵同士として再会した生き別れの兄弟『ブラッド・ウェポン』公開決定

俺たちにはもう、戦う道しか残されていない―。
運命に導かれ、生き別れた兄弟は敵同士として再会した。
『ブラッド・ウェポン』日本公開決定!

bloodweapon1.jpg


●ダンテ・ラム監督が全精力を傾けた、驚天動地のスペクタクル・アクション!
中東・ヨルダン政府軍全面協力による戦車、戦闘ヘリ、バズーカなど、大量の実戦兵器の砲弾が炸裂する白昼の市街戦。そして舞台は東南アジア・マレーシアへ。クラッシュ続出のカー・チェイス、そびえ立つ摩天楼の間を飛び交うジェット・ヘリコプター4機の空中戦はまさに大迫力。
香港映画史上空前の製作費2億HKドルを費やし、鬼才ダンテ・ラムが、これまで培った技術とアクションに賭ける情熱すべてを叩きつけたスペクタクル・シーンがスクリーンに爆発する!
●ニコラスvsジェイ アジア2大スター迫真の競演!
テロ実行犯の兄ヨウを演じるのは、本格的演技派へと脱皮を果たした香港のトップスター、ニコラス・ツェー。事件を追う国際警察の弟ジョンには、台湾のポップスターであり、ハリウッド大作『グリーン・ホーネット』の主演を勤めたジェイ・チョウ。心ならずも犯罪者の道を歩む兄、頭蓋の致命傷によって短い命を宣告された弟。激烈な戦いを通し自らの正義を貫く兄弟の姿は、気高く美しい。

bloodweapon2.jpg

●ストーリー
巨大犯罪組織が企むウィルス・テロを追う国際警察のジョン(ジェイ・チョウ)。組織がテロ実行犯として選んだのは、幼い頃生き別れた実の兄ヨウ(ニコラス・ツェー)だった。
追跡と逃亡の果てに敵同士として出会い、銃口を向け合う兄と弟。緊迫した攻防の渦中に発覚する国際警察の不正、テロ組織の裏切り。彼らが戦うべき真の敵とはいったい誰なのか?
原題・英題:『逆戦 The Viral Factor』
監督:ダンテ・ラム(『ビースト・ストーカー/証人』、『コンシェンス/裏切りの炎』、『密告・者』)
出演:ニコラス・ツェー(『孫文の義士団』、『密告・者』)/ジェイ・チョウ(『グリーン・ホーネット』『頭文字D The movie』)
2012年/香港映画/上映時間:2時間3分
(C)2012 Emperor Motion Picture Limited All Rights Reserved
『ブラッド・ウェポン』
12月22日(土) 角川シネマ新宿他全国ロードショー
→『ブラッド・ウェポン』の記事を探す