MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

サム・ライミ監督の『死霊のはらわた』がリメイクで復活!

サム・ライミ監督『死霊のはらわた』リメイク
『イーヴィル・デッド(原題)』
2013年公開決定!
1981年に公開され、全世界を恐怖で覆い尽くしたサム・ライミ監督の『死霊のはらわた。』スプラッター・ブームを巻き起こした伝説の映画が、2013年リメイクで蘇る。


この度、本作の場面写真が初めて解禁された。死霊に取り憑かれ、恐ろしい顔がインパクト大のこの少女はヒロインのミア。演じているジェーン・レヴィの素顔がわからない程の形相は、ファンの期待を裏切らない1枚だろう。
さらに10月13日(現地時間)に開催されたNYコミコンに、オリジナル『死霊のはらわた』の主演ブルース・キャンベルを筆頭に、新鋭フェデ・アルヴァレズ監督、ヒロイン・ミア役のジェーン・レヴィがパネルに登場。ブルース・キャンベルはリメイクでは、プロデューサーを務め、本編への出演はしないと話している。
ブルース・キャンベルはファンの前で、リメイクを製作することについて懸念する人もいることはわかっているとした上で「映画公開の週末があけた月曜日に、みんなが私に謝罪するのを楽しみにしているよ」とその自信を語った。さらに「ファンのことをつい、からかってしまうが、この映画をきちんと製作したいというのが本音で、ホラー映画を観に行く皆さんを満足させたくて、この監督と主演の二人がそれを実現させたわけだ。公開は来年、4月。こうご期待!」とファンに語り、最後に「瀕死のサム・ライミには、こんな凄い映画を作ってるぞ!と脅しているよ(笑)」とジョークで締めくくった。
『死霊のはらわた』リメイク『イーヴィル・デッド(原題)』は、全米公開2013年4月12日、日本公開は2013年を予定している。
プロデューサー:ブルース・キャンベル、サム・ライミ
監督:フェデ・アルヴァレズ
脚本:サム・ライミ
出演:ジェーン・レヴィ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『イーヴィル・デッド(原題)』
2013年、全国ロードショー