MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

湊かなえの衝撃作待望の映画化 吉永小百合主演『北のカナリアたち』

東映創立60周年記念作品
吉永小百合主演最新作
湊かなえ原案の衝撃作を、日本映画最高峰のスタッフ・キャストが紡ぐ。
『北のカナリアたち』

kitanokanaria1.jpg


日本映画に新たな歴史を刻む、大型プロジェクト。東映創立60周年記念作品として製作される『北のカナリアたち』。
日本最北の地、稚内、サロベツ、利尻島、礼文島を舞台に、かつてない衝撃と感動の物語が描き出される。
北海道の小さな島の分校の教師と6人の生徒たち。響き渡る子供たちの歌声は島の人々の心を癒していた。そんな時に起きてしまったあの事故―。全ての人たちが引き裂かれ、楽しかった思い出と共にそれぞれが後悔や心の傷を抱えたまま長い年月を過ごしていく。20年後、ある事件を機に先生と生徒たちが再会し、今まで心の奥に凍てついていた“真実”が溶けるように明かされていく。
主演には日本を代表する映画女優・吉永小百合。ある事故をきっかけに苦しみを抱え続けた教師・川島はるを、圧倒的な存在感で演じている。はるの夫役に柴田恭兵、島に赴任してくる警察官役に仲村トオル、はるの父親役に里見浩太朗と錚々たる俳優陣が並ぶ。さらに教え子たちの20年後を演じるのは、時代を牽引する実力派俳優、森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平。また物語の重要なポイントとなる幼少期の生徒たちは、全国から集まった約3,100名の子供たちの中から“天使の歌声を持つ”6名を選出した。その美しい歌声が情感豊かに物語を包み込む。

kitanokanaria2.jpg

監督は『顔』『大鹿村騒動記』などで、人間の内面を緻密に描いてきた名手・阪本順治。撮影は『劔岳 点の記』では監督を務めた名キャメラマン・木村大作。阪本&木村の初タッグが、「今回の撮影は今までで一番厳しい」という過酷な現場で、大自然の厳しさ・雄大さと、登場人物それぞれが20年間心にしまっていた想いを克明に映し出す。
そして「告白」のヒットが記憶に新しい湊かなえの「往復書簡」(幻冬舎文庫)に収録された「二十年後の宿題」を原案に、『北の零年』の那須真知子が脚本を手がけ、上質な物語が展開されていく。
2011年12月2日にクランクイン。体感温度がマイナス30℃まで下がる真冬の過酷なロケーションは約2ヵ月間に及んだ。そして、6月20日から7月18日にかけて、ふたたび撮影が行われた。厳しい冬の荘厳な風景から一変、美しい花々が咲き誇る利尻島、雄大な利尻富士を望むことができる礼文島に建てられた分校のロケセットでは、これまで猛練習に励んできた子供たちの合唱のシーンやはる先生との心の交流、そして物語の肝となる20年前の事故の記憶などがフィルムに焼き付けられ、2期にわたる壮大なロケーションがクランクアップを迎えた。

kitanokanaria3.jpg

●ストーリー
小学校の教師・川島はるが赴任したのは北海道の離島にある生徒6人の小さな分校だった。生徒たちの歌の才能に気づいたはるは、合唱を通してその心を明るく照らしていく。そんなある日衝撃的な事故が彼らを襲う。その出来事で島を追われ、生徒たちの前から姿を消すはる。生徒たちもまたそれぞれが心に深い傷を残してしまう。
20年後、東京で暮らすはるに生徒の一人が起こした事件の知らせが届く。真相を知るため、教え子たちとの再会を決意する。彼らがあの時に言葉にできなかった想いを抱え、生きてきたことを知り愕然とするはる。真実が明かされる時、物語は感動のクライマックスへと動き出していく。
●キャスト
吉永小百合
柴田恭兵
仲村トオル
森山未來
満島ひかり
勝地涼
宮崎あおい
小池栄子
松田龍平
里見浩太朗
●スタッフ
監督:阪本順治
撮影:木村大作
原作:湊かなえ『往復書簡』(幻冬舎文庫刊)
脚本:那須真知子
音楽:川井郁子
(C)2012『北のカナリアたち』製作委員会
『北のカナリアたち』
11月3日(土)全国東映系ロードショー
→『北のカナリアたち』の記事を探す