MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-』タイバニ京都キャンペーン開催

2011年に大ヒットを記録したTVアニメ『TIGER&BUNNY』の劇場版第1弾『劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-』。本作は「NEXT」と呼ばれる特殊能力者達が、スポンサーロゴを背負って街の平和を守るという異色の「ヒーロー」達の活躍を描いています。第2弾である『劇場版 TIGER&BUNNY -The Rising-』がTVシリーズのその後のストーリーを描く完全新作として、2013年秋公開ということが昨日解禁になったばかりです。
晴れて公開を迎えました本作の、メインキャスト平田広明さん、森田成一さん、そしてキャラクター原案・ヒーローデザインの桂正和先生、尾崎雅之エグゼクティブプロデューサ―が、京都で開催された、「京都国際マンガ・アニメフェア2012」のスペシャルステージイベントに参加、さらに舞台挨拶としてMOVIX京都、Tジョイ京都を巡るタイバニ京都キャンペーンを敢行しました。
日時:9月23日(日) みやこめっせ内 京まふスペシャルステージ
登壇:平田広明(鏑木・T・虎徹役)、森田成一(バーナビー・ブルックス Jr.役)、桂正和(ヒーローデザイン・キャラクター原案)、MC尾崎雅之(エグゼクティブプロデューサー)

tigerandbunny-mv23.jpg


映画化を知ったときのことを振り返ると、平田さんは、「やっぱりなって感じました。(昨年)11月13日に映画化の発表をしたときの(みなさん)絶叫ぶりにはとてもびっくりしたことを覚えています。」と感慨深げな表情。
また、劇場版のアフレコについて聞かれた森田さんは「1年ぶりのTIGER&BUNNYの収録でしたが、スタジオに入ると以前と同じ雰囲気で安心しました。ですが劇場版は特別なもの。気合が入りました。」と劇場版へこめた気持ち意気込みを披露。
アフレコ現場を見学したという桂先生も、「タイバニ(のアフレコ)は厳しい。一つ一つの台詞をまだ粘るのかっていうくらい妥協しない現場でした。」とキャスト・スタッフ陣が挑んだ、アフレコ現場の緊張感を語りました。また桂先生からは、スカイハイのデザインで、TV版から改良されている点の紹介があり、平田さん森田さんとも「気づかなかった~!」と声をあげて驚いていました。
以下登壇者からのコメントです。
平田さん:ライブビューイングを含めて、昨日、WORLD PREMIEREごらんになった方、(挙手があり)ありがとうございます。
京都でもたくさんの人に見ていただけて、本当に嬉しいです。それ以上の言葉が出てこないです。みなさまからパワーを直接いただいて、ここまで来たんだなと思いました。すでに劇場版をご覧になった方も、これからご覧になる方も、何度も楽しんでください!今後とも応援よろしくお願いいたします。
森田さん:初日から少ししか時間が経っていませんが、ファンの皆さんのすごいパワーを感じています。
きっと皆さんハンドレッドトパワーがあるんだと思っています。その熱意を受け、このまま「The Rising」に臨みたいと思います。でもまずは劇場版「The Beginning」を隅々までご鑑賞ください! よろしくお願いいたします。
桂さん:劇場版では、オープニングに使用している各キャラの絵を2日かけて描いたのですが、(オープニングの中では)演出上、一瞬で消えてしまいます。見逃さないようにしてください! よろしくお願いいたします。
(C)SUNRISE/T&B MOVIE PARTNERS
『劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-』
大ヒット上映中!
→『TIGER&BUNNY』の記事を探す
→アニメニュースはこちら