MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『聯合艦隊司令長官 山本五十六』モントリオール世界映画祭 正式上映!!

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-8月23日に開幕した第36回モントリオール世界映画祭において、ワールド・グレイツ部門に出品された『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』が、現地時間の25日、26日に正式上映を迎えた。
本作品は真珠湾攻撃などを描いており、北米では好まれないテーマにも関わらず、映画祭選定ディレクターの強い希望で、上映が実現した経緯がある。映画祭側からは、プロパガンダ映画と受け取られる危険を冒しても上映すべき、素晴らしい映画であるという最高の評価を受けており、そのため、日本公開から半年以上が経っているにも関わらず特別招待された。
本来はコンペティション部門での出品も検討されていたが、政治的な部分を考慮して、現在のワールド・グレイツ部門への出品という運びとなった。このような戦争映画がモントリオール世界映画祭で選出されるのは、極めて異例のことである。


現地での正式上映では、25日に約180人、26日に約220人、2 日間合計で400人を超える多くの観客で会場が埋まった。特に26日には、開演前に120人以上の入場待機列ができるなど大変盛況で、現地の観客の本作品に対する期待感が伺えた。
客層は20~50代が中心で、男女比が6:4。観客の5分の1ほどが、現地在住の日本人であった。また、中には太平洋戦争を経験されたであろう老人の姿も見受けられた。
上映中には、特攻のシーンで感嘆の声が上がるなど、ダイレクトな反応が見られた。また、感極まって泣いている女性の姿も散見した。エンドロールが流れると、温かく大きな拍手が巻き起こった。上映終了後には、「本当に良い映画だった」「素晴らしい映画だった」という多くの声に加え、
アメリカ人男性からは「我々アメリカ人は多くの戦争を始めた。このような映画がアメリカには必要だ」
ドイツ人男性からは「我々はナチスのことも含めて、映画の状況は理解できる。ヨーロッパからの視点ではなく、日本の視点から当時の状況を理解することができた」
カナダ人女性からは「今、日本には尖閣諸島の問題があるなか、平和について考えさせられる非常に良い映画であった。映画祭だけでなく、通常の映画館で上映をして海外の多くの人に見せるべきである」
など、多くの感想が寄せられ、世界各国の観客に本作品に込められたメッセージが伝わる上映となった。
東日本大震災を経た日本と国民のアイデンティティーを、歴史に探ろうとする外国人が増えているようだ。
『聯合艦隊司令長官 山本五十六』のDVD&ブルーレイは、バンダイビジュアルより好評発売中。
上映データ ※日時は現地時間
・第1回目上映 8月25日(土) 11:00~@QUARTIER LATIN CINEMA 約180人来場
・第2回目上映 8月26日(日) 18:40~@QUARTIER LATIN CINEMA 約220人来場
●『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』
日米開戦70年、魂を揺さぶる衝撃の歴史超大作!
1941年(昭和16年)12月8日。その日、日本海軍による歴史に残る一大奇襲作戦、ハワイ真珠湾攻撃は決行された。作戦を立案し、指揮を執った男――聯合艦隊司令長官 山本五十六。日本が国を挙げてアメリカとの戦争に舵を切る中、命を賭して開戦に反対し続けた彼が、何故自ら真珠湾奇襲作戦により、日米開戦の火ぶたを切らねばならなかったのか?
確固たる信念でこの国の未来を見据え、家族を愛し、故郷長岡を愛し、日本を愛した山本五十六。その知られざる「真実」を、半藤一利監修のもと、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、ブーゲンビル島上空での非業の死まで、新たなる歴史観でダイナミックに描く超大作。日本が最大の危機に瀕した時代に、真のリーダーとして、山本五十六は如何なる戦いを続けたのか。
開戦70年、今再び襲う未曾有の危機に、その思いを辿ることで、我々の未来を見つめ直す旅、それが『聯合艦隊司令長官 山本五十六』である。
2011年12月23日、全国300館以上にてロードショー、興行収入15.4億円。
・ストーリー
誰よりも、開戦に反対した男がいた。
1939年(昭和14年)夏。「日独伊三国同盟」締結の声に日本は大きく揺れていた。それを強硬に主張する陸軍、マスコミ、そして国民。しかし海軍大臣米内光政(柄本 明)、次官山本五十六(役所広司)、軍務局長井上成美(柳葉敏郎)は、その「世論」に敢然と異を唱えた。日本がドイツと手を組めばアメリカとの戦争は避けられず、十倍の国力を持つ国と戦えば、この国は滅びる……。
彼らの命を賭した反対で、三国同盟問題は立ち消えとなり、山本五十六は聯合艦隊司令長官として旗艦「長門」に着任するが、同時に欧州でドイツの快進撃が始まり、同盟締結の声は再び沸騰する。
1940年(昭和15年)9月、ついに三国同盟は締結された。そして一年後――。太平洋上の空母から飛び立った、日本海軍350機の大攻撃隊がアメリカ太平洋艦隊に襲いかかった。それは戦争に勝つためではなく、一刻も早く終わらせるために、山本五十六が生み出した、苦渋に満ちた作戦だった……。
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』DVD&ブルーレイ
発売日:2012年7月13日 (発売中)
出演:役所広司、玉木 宏、柄本 明、柳葉敏郎、阿部 寛、吉田栄作、椎名桔平、香川照之
監修・原作:半藤一利
監督:成島 出
発売・販売元:バンダイビジュアル
→『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』Blu-ray・DVDを購入する
(C)2011「山本五十六」製作委員会
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』公式サイト:http://isoroku.jp/
→『聯合艦隊司令長官 山本五十六』の記事を探す