MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『白雪姫と鏡の女王』スワロフスキー衣装展プレオープンイベントに森泉登場!

『白雪姫と鏡の女王』故・石岡瑛子 渾身の遺作となった衣装が日本初お披露目!
森泉、ワガママ女王に共感!? そして、理想の王子様とは??
衣装展プレオープニングイベント
ジュリア・ロバーツ&リリー・コリンズ主演で贈る、色鮮やかでロマンチックなファンタジー・エンタテインメント!
あの名作「白雪姫」に魔法がかかり、全く新しいロマンティック・ファンタジーとして生まれかわった、ジュリア・ロバーツ主演の話題作『白雪姫と鏡の女王』は9月14日(金)より全国公開となります。
本編に登場する煌びやかな衣装は、どれもカラフルで、鮮やかに観るものの目を奪ってくれます。故・石岡瑛子が贈り出した数々の衣装の中でも特に目を引くのが、ジュリア・ロバーツ演じる鏡の女王が着ている、SWAROVSKI ELEMENTSがふんだんに使われている豪華絢爛でゴージャスなドレスの数々。今回、この石岡氏の遺作となった衣装が来日、衣装展としてスワロフスキー銀座にて一般お披露目されることとなりました。それを記念して、一般公開より一足早く、森泉さんが展示会へ来場、初お披露目となる衣装を前に、記念トークショーを実施しました。


会場となったスワロフスキー銀座は、2008年にオープンした世界初のスワロフスキー旗艦店。壁や床にもクリスタルが装飾されており、3つのシャンデリアなどを含め、ストア全体で約3トン、階段だけでも約1トンのクリスタルが使用されています。
そんなゴージャスな会場で初お披露目となった衣装は、石岡瑛子さんが手がけ、ジュリア・ロバーツ演じる“ワガママ”な鏡の女王が着用したドレス二点。10万粒近いスワロフスキー・エレメントで装飾された輝きを前に、森泉さんも「カワイイー!! 着てみたい!」と大興奮。ご自身もスワロフスキーのゴージャスなアクセサリーを身にまとい、映画の華やかな衣装の感想、魔法の鏡にお願いしたいこと、そして女性にとっての理想の王子様像等を語ってくださいました。
●『白雪姫と鏡の女王』衣装展プレオープニングイベント
日時:8月22日(水) 12:00~
場所:スワロフスキー銀座
登壇者:森泉(29)
ブルーガールのシンプルな黒ドレスとジミュー・チュウの靴、そしてスワロフスキーのアクセサリーを着用して登場された森さん。現れるなり、展示されたドレスを見て「衣装可愛い!!」と大興奮。 事前にご覧いただいた映画についてのお話、ご自身のことなどを時に報道陣を巻き込みながら楽しく語ってくださいました。
・映画の感想
超楽しかった! 映像がとても綺麗で、笑いもあり時に悲しいシーンありの色々満載で本当に好きになった。
新しいストーリーだったのも凄く刺激されました。特に衣裳は、1着1着じっくり見てしまう程素敵で興奮しました! 見れば解ります!
・衣装について
スワロフスキーは光り方が凄い。すごく光ってるのに、下品じゃないしでもちゃんと強く光っていて、バランスがいいっていうか。(展示されている衣装を見て)よく見るとやっぱり違うよね! あー、着たい!! 映画の中では、私は特にオープニングに着ていたゴールドのドレスが、やっぱり女王らしくて迫力があって好きだったな。でも実際目の前にしてみると・・・ウエディングドレスが凄く素敵だなあ、色んな意味で。
・劇中エステシーン&美容方法に関して
女王のエステシーン、衝撃的だったねー。ハチに唇刺させる(※刺させて、ぷっくりさせるシーン)とか、意外といいアイデアだよね!(笑)。真似する人がでちゃうんじゃない??
女王はワガママで嫌われているから、エステをする人たちがみんな喜んで鳩の糞を顔に塗ってパックしたりしていてとても面白かったです。好きなシーンの一つです。
でもやっぱり、美とかファッションって、多少痛くても頑張らなきゃってとこはあるよね。私は劇中みたいに変なのはやらないけど、エステはよく行く。運動は嫌い。注目してもらえると幸せな気分になるから、女度を上げるために手は抜けないなって映画みて思いました。美っていろいろあるから、みんな自分に合った美を頑張ればいいと思うよ。
・ワガママ女王について
ワガママだけど憎めなくて、むしろ可愛く見えてきてしまうのが、ジュリア・ロバーツの素晴らしさなのか、不思議と好きになっちゃう女王だったな。ワガママなとこはちょっと私と似てるかも!笑
でも女の子はちょっとワガママなくらいがよくない? 女王に共感したところは・・・やっぱりハンサムな王子様はゲットしたいよね! 女王はいちいちコメントが可愛いと思う。あと、いつまでも美しくいたい、注目されていたいっていう気持ちは結構わかるなあ。
・魔法の鏡にお願いしたいことは
動物と会話できるようになりたい! だいたい今も何が欲しいのかな、とか何を思ってるのか、とかわかるんだけどねー。会話ができたらどんなに楽しいんだろうなって子どものときから思ってた夢です。
・女性にとっての理想の王子様とは?
今回は少し弱い王子様だったのが面白いポイントの一つだった。今は女性の方がたくましくて強い人も多いけど、やっぱり私は守って欲しいなー。心の支えっていうのはあると思うけど、いざってときに守ってくれないと! 最近は、子どもに絵本を読んだ後に「これは本の中の話だから」とか言うお母さんとかも多いって聞いたんだけど、そういう意味では、今回の映画のほうが時代に合っている童話というか、面白いと思う!
・映画の見所
ストーリーはもちろん面白いし、映像や衣装、細かな部分を探してみると面白いよ。時々、画面の端に目をやったりすると、なんか面白いことやってたりとかするから、一回じゃなくて二回三回見たら新たな発見ができてより楽しめる作品だと思います!
<<フォトセッション時使用の輝くリンゴに関して>>
イベント最後フォトセッション時に森泉さんが持っていた輝くリンゴは、約9万個ものスワロフスキー・エレメントが真っ赤に輝く、世界にひとつだけのスワロフスキー・エレメント付きアップル。白雪姫のストーリーには欠かせないアップルをモチーフに、Maiko Deco製作の元、映画の世界のイメージで、ゴージャスでかわいいリンゴができあがりました。
製作:Maiko Deco
デザイン:鍛冶 麻衣子
製作協力:SWAROVSKI ELEMENTS
●『白雪姫と鏡の女王』公開記念スワロフスキー衣裳展
期間:2012年8月23日(木)~9月23日(日)
時間:11:00~20:00
定休日:なし
入場料:無料
開催:スワロフスキー銀座 2F
衣装展に関する問い合わせ先:スワロフスキー・ジャパン
(カスタマー・リレーションズ)0120-10-8700
●ストーリー
今度の「白雪姫」は楽しくて、笑えて、心が躍り出すハッピー・ファンタジー・エンタテイメント!
かしこカワイイ新時代のプリンセス vs 毒舌アラフォー女王。
マッチョ系草食男子の王子様を取り合って、おとぎの国のバトルが勃発!
18歳になった若くて美しい白雪姫(リリー・コリンズ)は、宝石やドレスが大好きな毒舌ワガママ女王(ジュリア・ロバーツ)と城で2人暮らし。
年下王子(アーミーハマー)と結婚を企むワガママ女王に目の敵にされ、ある日森へと追放されてしまう。
助けられた7人の森のギャング団に仲間入りをした白雪姫は、知恵と戦術を身に付け、王子を取り返すために、史上最強のワガママ女王へと挑戦状を叩きつける!
・見どころポイント
女の本音に共感! 毒舌が小気味いいジュリア・ロバーツ演じる女王は、最高にチャーミングで憎めない役どころ。
アカデミー賞受賞デザイナー、石岡瑛子さんの遺作となった。色鮮やかなでアートな衣装が、300着以上つくられた。
白雪姫役リリー・コリンズは、ミュージシャン・フィル・コリンズの娘。本作で父親ゆずりの歌も披露。ピープル誌が選ぶ世界の美女4位!
(C) 2011 Relativity Media, LLC. All Rights Reserved.
『白雪姫と鏡の女王』
9月14日(金)丸の内ルーブルほか全国ロードショー
→『白雪姫と鏡の女王』の記事を探す