MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『マリーアントワネットに別れをつげて』公開決定!

フランスでもっとも権威あるフェミナ賞に輝いた大ベストセラー小説を映画化!
200年以上経った今でも、その魅力が色褪せないフランス王妃マリー・アントワネット。彼女の伝説は、小説や映画など様々に伝えられてきたが、ここに過去の作品群とは全く違う新たな物語が誕生しました。
<朗読係の少女>という、ミステリアスな視点からベルサイユの裏側に迫る野心作『Farewell,My Queen』の邦題が、 『マリー・アントワネットに別れをつげて』に決定し、12月15日(土) TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開も決定しました。


主演は、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『ミッドナイト・イン・パリ』で存在感をみせつけたレア・セドゥ。マリー・アントワネット役には『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガー、ポリニャック夫人役には『8人の女たち』のヴィルジニー・ルドワイヤン。そして、『イザベル・アジャーニの惑い』『トスカ』で知られるフランス映画の重鎮、ブノワ・ジャコーが監督を務める。
●ストーリー
フランス革命、勃発。
朗読係の少女は、心酔する王妃から<身代わり>の命を受ける。
ベルサイユと少女の運命の3日間――。
1789年7月14日、優雅な朝を迎えたはずのベルサイユが、1枚の紙に震える。
バスティーユが陥落し、王妃とその寵愛を受けるポリニャック夫人の名前も載った286名のギロチンリストが発表されたのだ。
「ずっとおそばに」朗読係のシドニーは心酔する王妃への忠誠を誓うが、王妃からは「ポリニャック夫人の身代わりに―」と思いもよらぬ非情な命令を受ける。身を引き裂く嫉妬、生命の危険、果たして、シドニーの運命は──?
監督・脚本: ブノワ・ジャコー『イザベル・アジャーニの惑い』、『トスカ』
原作:シャンタル・トマ著「王妃に別れをつげて」
出演:レア・セドゥ『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』
ダイアン・クルーガー『イングロリアス・バスターズ』
ヴィルジニー・ルドワイヤン『8人の女たち』
(C)2012 GMT PRODUCTIONS – LES FILMS DU LENDEMAIN – MORENA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – EURO MEDIA FRANCE – INVEST IMAGE
『マリーアントワネットに別れをつげて』
12月15日(土)TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ ほか全国順次ロードショー
→『マリーアントワネットに別れをつげて』の記事を探す