MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ペルソナ4』ドラマCD「PERSONA4 the Animation」キャストインタビュー

2012年8月22日(水)に発売予定の『ペルソナ4』のドラマCD「PERSONA4 the Animation」#2の収録現場より、キャストコメントが到着。
#2では、隣町にある県警本部に届けものに行くことになった足立と、隣町で約束がある悠が同行する中で、さまざまなハプニングが起こるおつかいミッション!? が収められたドラマCDとなっている。
他人のため、仲間のために行動する悠や自称特別捜査隊に対し、足立が思うこととは―!?
今回は、メインの登場人物である鳴上 悠役・浪川大輔さん、足立 透役・真殿光昭さんにドラマCD収録後のコメントをいただいた。

persona4-cd.jpg


Q:ドラマCD第2巻の収録を終えての感想をお願いいたします。
浪川大輔さん/鳴上 悠役(以下、浪川):アニメの放送が終わってからもいろいろなイベントがたくさんありましたけども、『ペルソナ4』でガッツリとドラマCDの収録をしたのは意外と久しぶりな気がします。今回は足立との絡みが主だったんですが、アニメを終えた今となると、心が晴れ空ではないなにかを抱えたような気持ちになる収録でした(笑)。
真殿光昭さん/足立 透役(以下、真殿):アニメを録り終えた今でも、こうしてドラマCDの収録をやれることは嬉しいことですし、幸せなことだなと感じてます。しかも、今回は足立をフィーチャーした物語なので足立も喜んでいると思いますし、僕自身もとても嬉しいです。『ペルソナ4』という作品自体、内容が濃くてキャストもスタッフも素晴らしい方ばかりなので、僕自身が演じていて楽しいしやりがいを感じています。足立の話が盛りだくさんで、キャラクターのダメっぷりがよくでている話になっていると思いますよ。
Q:エンディングを迎える前の悠と足立という組み合わせですが、先程浪川さんも仰っていたように、アニメを終えた今となると演じるうえでもさまざまな気持ちがこもりそうですね。
浪川:そうですね。足立に対していろんな気持ちが入り混じってたまに強く出てしまうこともあったので、そこの部分の整理が難しくもありました。ゲームやアニメで内容を知っている人だったら、心に何かを抱えながら演じたやりとりも含めて楽しめるんじゃないですかね(笑)。
真殿:浪川君が言っているように、心が晴れない、どんよりとした心境というのも分かります。全てを知りつつも聴いて下さる『ペルソナ4』ファンの方たちなら、ところどころの台詞に込められた意味深なニュアンスに気づくかもしれませんね。1回通して聴いたあとに、探りながら聴いてもらえると面白いんじゃないかな。
Q:今回のドラマCDは悠と足立、2人の行動の対比が際立った展開ですね。
浪川:台詞を追っていって感じたのは、悠の思うこと・やろうとすること全てが良いことなのかというと、またそれも違うんではないかなと。やれたら最高、でも全てをしてあげることが正しいとも言いきれない。今回の場合は少しツイてない部分もありましたし(笑)。
悠の取った行動は、多くの人がこうしたらいいなと感じることだろうなと思います。ただ、思うことと行動することはまた別物だから、実際には足立寄りの考えになってしまうものなんじゃないでしょうか。
真殿:鳴上君はいわば理想像じゃないですか。僕も彼のようにありたいけど、普通の人は足立寄りですよね。理想でこうありたいと言うのと、今ある現実と、このギャップというのが聴いていて面白いポイントです。
Q:お二方それぞれが思う、ドラマCD第2巻の聴きどころを教えてください。
浪川:メインのキャラクターが全員出演しているということは、作品にとって一番大事なところだと思います。自分のキャラクターを通して言うなら、やっぱり足立との絡みは秀逸だと思いますよ。真殿さんとのお芝居での絡みがすごくイイんですよ! リスナー視点に立った時の、悠と足立のズレ感というのが今回の聴きどころですね。あとは、自称特別捜査隊の空回りっぷりが(笑)。まぁ、その空回りの先にあるハッピーな雰囲気も楽しみにしていただければと思います。
真殿:聴いていて飽きないストーリーだと思います。「ここが聴きどころ!」というよりもどの部分も聴き逃せない、全てをひっくるめてひとつの聴きどころになっているといっても過言ではないです。全体を通して、あぁ面白かったと思えるCDなんじゃないかな。
それと、アニメでも堂島家で寿司を食べたり、頭を叩かれたりしているぐらいのシーンしかなかったので、ここまで足立をフィーチャーした話は貴重だと思います。普段の足立を垣間見られる、足立ファンには堪らない内容になっているはずです!
Q:ドラマCDを心待ちにしているファンのみなさんへメッセージをお願いいたします。
浪川:今回も非常に素敵なドラマCDになったと思います。『ペルソナ4』という作品はいろいろな媒体を通してやれることがまだあると思います。また聴きたいなと思っていただけるように、キャスト陣で演じていますので、またなんらかの形でみなさんの前に『ペルソナ4』が現れるように願っております。今後も楽しみにしていてください。よろしくお願いします!
真殿:『ペルソナ4』という作品はやればやるほど愛着が湧く作品だと感じていて、普段あまりゲームをプレイしない僕でも、ホコリかぶったPS2を引っ張り出して遊ぶほど好きになった作品です。ゲームにドラマCD、それからアニメ、さらにアニメ版ドラマCDという場で演じていく内にキャラクターが膨らんで、ゲームのときに比べて足立と僕は進化しています。
それだけ僕の中でも変化があったし、こんなこともしてみたいと、付け加えた部分もあります。なので、今回のドラマCDは足立と僕の集大成といっていい作品です。この先、『ペルソナ4』が続いていけば今以上にキャラクターが膨らんで面白い作品になると思います。これからも応援してください!
Q:ありがとうございました!
ドラマCD「PERSONA4 the Animation」#2●ドラマCD「PERSONA4 the Animation」#2 You’ll understand when you get older
発売日:2012年8月22日
品番:FCCM-0348
定価:2,940円
発売元・販売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
TVアニメ『ペルソナ4』のドラマCDが登場!
2011年10月、大ヒットゲーム『ペルソナ4』が数多のファンが待ち望んでいたアニメ化を果たした。
ゲームの魅力を再現しただけではなく、アニメオリジナルのエッセンスを加えた見事な出来栄えで、ゲームからのファンはもちろん、アニメで本作にはじめて触れた人の心も掴んだのが本作――TVアニメ『ペルソナ4』。
アニメ版主人公「鳴上 悠」と、「自称特別捜査隊」の面々が、アニメスタッフ書き下ろしのオリジナルストーリーで活躍!
・あらすじ
隣町の県警本部に渡すはずだったお土産を渡し忘れた足立は、堂島に命じられて渋々渡しに向かうことになる。
ちょうど堂島へ届け物に来ていた悠も、その後隣町で買い物の約束があったため同行。
しかし、道中、真夏の路上で突然車がエンストしてしまう。次々起こる思いがけないアクシデントや親切が裏目に出てしまう出来事。それでも人助けをためらわない悠に、足立は「懲りないね、悠くんも」と冷めた言葉を投げかける。
一方、悠が足立と車に乗り込むところを目撃した他の「自称特別捜査隊」のメンバーは、悠が逮捕されたものと勘違いし、救出作戦に乗り出し――!?
・キャスト
鳴上 悠:浪川大輔
花村陽介:森久保祥太郎
里中千枝:堀江由衣
天城雪子:小清水亜美
巽 完二:関 智一
久慈川りせ:釘宮理恵
クマ:山口勝平
白鐘直斗:朴ろ美
堂島遼太郎:石塚運昇
堂島菜々子:神田朱未
足立 透:真殿光昭
マーガレット:大原さやか
海老原あい:伊藤かな恵 他
初回特典:ボーナストラック(出演キャストによる収録感想コメント)
ジャケット:TVアニメーション版の描き下ろし
→ドラマCD「PERSONA4 the Animation」#2を予約する
(C)Index Corporation/「ペルソナ4」アニメーション製作委員会
→『ペルソナ4』の記事を探す
→アニメニュースはこちら